記事

リオ五輪の閉会式で感じた、マリオのキャラ設定の強さ

リオ五輪の閉会式で、東京への旗の受け渡しがあった。その際に披露された東京の紹介のプレゼンテーションは、とてもおもしろかった。ほぼ満点と言って良いのではないか。特に、マリオと安倍首相の重ね合わせが面白かった。

改めて感じたのが、マリオのキャラクター設定のすばらしさである。リオに間に合わないからと、土管を使って、地球を抜けてリオの会場にマリオに扮した安倍首相が登場したわけだが、あの設定を可能にしたのは、マリオの設定の引きの強さだと思う。

マリオが土管に入るとき、例の効果音が鳴って、本当に吸い込まれていくような、そんな感じがある。それから、土管の下は、全く違った世界になっていて、その緊迫感が、ゲームの大切な味付けになっている。

マリオのゲームでは、地下世界は、音楽が変わって、より危険度が増している場合が多い。炎に包まれたバーが回転していたり、ノコノコが走り回っていたり、ボスがいたりする。そのような世界観の転換をうながす「結界」になっているのが、土管である。

そのようなさまざまなメタファー、感覚が共有感覚として成立していたからこそ、あの閉会式の演出は成功したのだろう。今回はマリオとドラえもんだったが、日本には伝統的なものを含め、まだまだキャラクターが多い。2020年開会式へのジャンプは、成功したのではないか。

百鬼夜行や、鳥獣戯画などからキャラクターを引っ張ってきてもいいだろうし、ゴジラが登場しても良い。今回の閉会式で、演出の方向が見えてきただけに、開会式が楽しみになってきた。もちろん、オリンピックの主役がアスリートたちで、セレモニーはアシスト役であることには、変わりがないのだけれど。

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  8. 8

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  9. 9

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

  10. 10

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。