記事

左派にも、右派にも、市民運動の危うさはある

産経新聞で宇都宮健児氏が「日本の市民運動は未熟」だと証言している。
野党が鳥越俊太郎を担いだら、宇都宮氏の事務所に「早く降りろ」「受かりっこない」という電話やメールが殺到したという。 

週刊文春が鳥越の女性スキャンダルを報じたら、今度は「鳥越を応援しろ」という圧力が高まり、宇都宮氏が条件として女性の人権問題の記者会見をしてくれと言うと、またバッシングが繰り返されたという。 

「組織」とはそういうものだ。
市民運動と言っても、「組織」は「個人」を潰しにかかる。
その野党連合の「組織」の中には、えらそうに国会で、「『個』で判断せよ」と演説していたシールズ代表・奥田も入っていたのである。
この矛盾を突かなければ話にならない。

「組織運動」の危なさは、組織で動きだしたら、全体主義が正義になる恐ろしさがあることである。 

いったん一方向に動きだしたら、後戻りが効かなくなる現象は、左派だけではない。
右派も、「産経新聞」や「日本会議」に現れている。
Y染色体男系固執を正義として動き出した連中は、もはや天皇陛下のお言葉すら聞く耳を持たない。
もう方向転換ができないのだ。 

勇気ある「個人」が組織の中にいるか否かで、決まるのだが、残念ながら産経新聞にも日本会議にも、その逸材はいない。
滅びるまでその誤った道を行け!
朝敵の道をまっしぐらに突き進め!

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  3. 3

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    現金一律給付案に「貸付」を提案

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。