記事

いや、驚いた。小池、猪瀬、若狭の3人組が天下を引っ繰り返しそうだ

下村さんも遠藤さんも早めに手を引いていてよかったんじゃないかな、という気がしてきた。
まだほんの一部が見えてきただけだが、報道に現れ始めたところから推測すると、相当根が深い。

これじゃあ、何が何でも小池さんを潰そうとしたのは当然だったかな、と半ば合点がいくようなところがある。

これで週刊誌や夕刊紙、スポーツ紙が追いかけるようになるとどこまで問題が拡がるか分からないような深刻かつ重大な問題に発展して行く可能性がある。
これまで光が当たらなかったところに光を当てるだけの簡単な作業なのだが、ちょっと光を当てるだけでその醜悪さ、異常さが見えてくるのだから、こういうことの調査や捜索に慣れている方々からすると問題の全容を掴むのは早いかも知れない。

火を点けたのは、猪瀬氏と若狭氏の二人である。

今日目に付いたのは、若狭氏のオリンピック・パラリンピック組織委員会の事務所の高額賃料を指摘する一文だった。

え、こんなこと自民党の国会議員である若狭さんが指摘して大丈夫なの、と一瞬思ったが、案の定世間の反応は早い。
あっという間に、大勢の人がコメントを寄せられるようになっている。
ああ、この問題は、もう闇から闇に葬られるようなことはないな。
若狭さんもこれでこの問題から手を引くことは出来なくなったな。
そう、思っている。

若狭さんの出番は、まさにこれからのようである。

小池さんがこれから若狭さんをどのように使うのか分からないが、若狭さんはもうこの問題から逃げることが出来ない。
大変だろうが、しっかりやっていただきたいものだ。

一方、猪瀬氏も動き出した。

猪瀬氏の一文がニュース・ピックスに掲載されていたが、そこで猪瀬氏が紹介したエコノミストの「新国立8万人のウソから始まった五輪と神宮外苑再開発の複合利権」という記事が凄い。
調査報道の見本のような記事であるが、この記事を読んでしまうと、森さんがこれから何を言おうと簡単には信じられなくなる。

胡散臭さで鼻をつまみたくなるような話が満載である。

まもなくリオ・オリンピックは閉会式を迎える。
丁度その頃、2020年東京オリンピック招請活動やオリンピック関連各種事業に関わる闇の解明作業が始まるのではないかしら。

真面目な下村さんや遠藤さん、馳さんなどはこういうことには一切関わっていなかっただろうから、これからどんなことが明るみに出ても驚くことも、傷付くこともない。
外れてよかったですね、と言ってあげたいところだ。

実は、私は大分以前に山口敏夫氏から森さんの退任を求めるいわゆる糾弾文書を見せられたことがある。
内容はよく覚えていないが、うーん、これは問題になりそうだな、と当時思った記憶がある。
ひょっとしたら一連の事業の裏の事情やオリンピック関連事業の闇について詳しいのは、山口敏夫氏かも知れないな。
そう、思い始めたところである。

山口氏は、森さんの退任を求めるという一念で過日の都知事選挙に立候補した人だから、そう簡単に消せるような火ではない。

さて、小池さんが猪瀬さんや若狭さんの力を借りるかどうか。
猪瀬さんや若狭さんの力を借りて、いつ、何を、どうしようとするか。

小池さんの動きからいよいよ目が離せなくなる。

多分、マスコミの皆さんもそうだろう。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  10. 10

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。