記事

私たちが「鳥越俊太郎化」しないためのたったひとつの希望

 今日も取材なのに一睡もできなかったParsleyです。おはようございます。

 夜半についつい『ハフィントン・ポスト』の鳥越俊太郎インタビュー()について、ざざっと記事を書いてしまったわけなのですが。

 「ネットを信頼しない」鳥越俊太郎氏はネットメディアによって「終わる」のか(ふじいりょう)

 シロクマ先生のエントリーを読んで、彼の言動に関して我々が教訓というか、反面教師とするにはどうすればいいのか、考えこまざるをえなかった。

 すっかり年を取ってすっかり変わってしまった鳥越さんを眺めながら考えていたこと(シロクマの屑籠)

 個人的には、「週刊誌編集長」という肩書きを持っているひとのある種の「変わらなさ」というものがあり、鳥越氏なども考え方や思考が変化しているとは思わないので、シロクマ先生がいうような「衰え」にその理由を求めていいのか、ちょっと留保しないといけないような気がする。
 例えば鳥越氏に限らず、花田紀凱氏もこんなことを記事にしている。

 『シン・ゴジラ』、ゴジラがあまりにかわいそう。(花田紀凱)

 1954年版の初代ゴジラや1984年版のゴジラのように「人類の敵」として描かれたものは原子力、もっといえば水爆や東西冷戦といった世界情勢を下敷きにしていて、庵野秀明版ゴジラはその正統な後継作品であるということは明らかだし、さまざまな怪獣に対して「人類の味方」として戦うゴジラ像は「娯楽作品」として大衆に求められた結果として生み出されたものだということは、私程度の知識でも語れるわけなのだけど、花田氏にかかっては「最新兵器を駆使して、寄ってたかってゴジラを殺すだけの映画」と記しちゃうわけだ。ただ、彼の場合は感性の劣化ではなく、いつの時代に作られたとしても「逆張り」をしたと思う。

 話が逸れた。結局のところ鳥越氏や花田氏のように紙媒体やテレビで生きてきた人たちは「君子豹変する」というところがあって、書いたことが「ログ」として残って考え方が変わった時に即座にツッコミが入るインターネット時代の言論人ではない、ということだろう。

 私が鳥越氏と『オーマイニュース』のことを記事にした(参照)のは、当時このブログで『オーマイニュース』について継続してウォッチしてきた身として、それを指摘することが一貫性につながると考えたからだし、URLがある限りは参照されるから。まぁ、あの頃に書き散らしたことで、今スルーするのはちょっと違うだろうと思ったわけだ。

 このブログを続けている間、一時期に私も心身を害していて、若干荒れた内容のエントリーを出すこともあった。けれど、そういった「よくない時期」に自分を支えたのもこのブログだったし、過去に書いたエントリーだった。

 もちろん、シロクマ先生のおっしゃるところの「思考力や判断力や羞恥心の衰えた言動」と気力・体力はリンクするだろうし、そのリスクは誰にだってある。とはいえ、過去に「書いて残した」ものがパブリックに読める状態である限り、方々から指摘されるだろうし、それが「自律」につながるんじゃないかなぁ。少なくとも彼らよりも。

 より「自律」を意識するならば、定期的に過去に書いた自分の記事を読むこと。それによって「鳥越俊太郎化」が避けられるのではないか。私としては自分の「ログ」があるということに望みをつなげたいし、仮に事故った時には即座に訂正するなり謝るなり、他者の忠告を素直に聞くなりするだけのフックになるのでは、と思っている。だから、自分の書いたものが公開されて残っているという状態は「希望」そのものだと考えている。それが「ネットを信頼している」世代にとっての、あるべき態度だと信じる次第です。  

あわせて読みたい

「鳥越俊太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  3. 3

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  4. 4

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  5. 5

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  6. 6

    安倍首相 万全期し再宣言避ける

    ABEMA TIMES

  7. 7

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  8. 8

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

  9. 9

    個人番号カードが保険証代わりに

    S-MAX

  10. 10

    ネット授業続けるなら学費免除を

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。