記事

ドル102円付近、株高でも伸び悩み

[東京 12日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の102円付近。ドルは午前9時過ぎに101.77円まで下落した後、102円付近まで買い進まれた。背景には、政府系金融機関によるドル買いがあったとの指摘も出ている。その後は、株高も手伝い一時102.21円まで続伸したものの、積極的に買い進める材料がなく、伸び悩んだ。

東京市場は夏季休暇中の参加者が多いうえ、シドニー、シンガポールなどの海外市場でも例年のこの時期に比べて参加者が少ないとされ、「アジアの時間帯は夏休みムード一色」(FX会社)だという。

最近の市場では、ドル/円が株高に連動しないケースが多いが、きょうは「ある程度は、株高/円安の流れとなっている。ただ、対ユーロなどではドル自体の弱さも目立ち、円安が盛り上がる状況ではない」(同)との声が出ていた。

中国の各種指標は市場予想に届かなかったものの、総じて予想の範囲内との受け止められた。7月の小売売上高は前年比10.2%増(市場予想10.5%増)、鉱工業生産は同6.0%増(同6.1%増)と予想を下回り、1─7月の固定資産投資も同8.1%増で市場予想の8.8%増に届かなかった。11日にウィリアムズ米サンフランシスコ地区連銀総裁が、米国が年内に利上げを実施する必要があるとの見方を示したこともドルの下支えになったという。

海外時間は、ドイツの4─6月期国内総生産(GDP)のほか、米国で7月小売売上高、8月ミシガン大学消費者信頼感指数などの発表がある。特に米小売売上高は米国の年内利上げに対する思惑も出やすく、注目されている。

「ジャクソンホールの講演を控える中、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長も関心を寄せているだろう。かなり悪い数字になれば12月の利上げの可能性もしぼみそうだ」(外為アナリスト)との指摘もあった。

ドル/円<JPY=>   ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 102.05/07 1.1140/44 113.69/73

午前9時現在 101.82/84 1.1136/40 113.39/43

NY午後5時 101.94/97 1.1137/42 113.55/59

(為替マーケットチーム)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。