記事

パブリッシャーが相次ぎ「Facebook Live」に挑む、トップ500のメディア社の半数がライブ動画を配信

1/2
 ライブ動画ストリーミングをめぐる動きが慌ただしい。

 そのライブ動画で注目したいのが、やはりFacebook Live。米国でサービスが立ち上がって半年少々しか経っていないし、大半のパブリッシャーにとってまだ試行錯誤の段階である。にもかかわらず、すでに社会を揺り動かすメディアになっているのである。

 最も衝撃的であったのが、1カ月ほど前の7月6日の出来事である。米ミネソタ州で、運転していた黒人男性を警官が射殺した事件で、同乗していた彼の恋人が射殺される様子をスマホで動画撮影しFacebook Live機能でフェイスブックに投稿したのだ。射殺の瞬間が、約10分の動画で生中継の形で流れたのである(恋人のLavish Reynoldsさんが投稿したライブ動画はこちら)。悲惨な現場で動画撮影すること自体に衝撃を受けたが、同時に一般のフェイスブックユーザーでもFacebook Liveでライブ動画を投稿する状況になっていることにも驚いた。

 一般のユーザーだけではない。パブリッシャーやブランド(企業)は、Facebook Liveのビジネス利用に関心を寄せるている。たとえば既にABC Newsは、7月下旬に開催された大統領選候補者選出の共和党および民主党の全国大会現場から、Facebook Liveでライブ動画配信を実施した。両大会合わせて期間中に累計74時間ものライブストリームを投稿し、2800万回以上も視聴された(図1)。ABC Newsのようなテレビ局にとって、テレビ離れが進む若者対策が課題になっており、フェイスブックなどのソーシャルプラットフォームを介して若者へリーチを拡大しようと躍起になっている。ABC Newsのフェイスブックページには880万人のフォロワーを抱えているので、そこに投稿するライブ動画はかなり多くの若者にリーチするはずだ。

リンク先を見る
図1 ABC Newsのライブ動画 左のライブ動画は360度動画である。

 Facebook Liveのような動画メディア配信に意欲を示すパブリッシャーは、動画メディアを本業とするTV局だけではない。非TV系のパブリッシャーも、動画メディアに注力し始めている。その背景として、これからのメディア・コンテンツの主役が動画になると見込んだフェイスブックが、パブリッシャーに動画コンテンツ投稿を強力に薦めていることが大きい。そのために、フェイスブックは動画コンテンツをニュースフィードに優先して表示させるようにしている、最近になって特にライブ動画を優先しているようで、それに応じてパブリッシャーも競ってライブ動画を投稿し始めている。

 Socialbakersの調査でも、パブリッシャーのフェイスブックページへの投稿で、ライブ動画コンテンツが急増していることを明らかにしている。トップ500のパブリッシャーおよびトップ500の企業(ブランド)を対象に、それぞれのフェイスブックページに投稿された月間ライブ動画数総計を測定した。その推移を、今年1月から6月までの期間に渡って示したのが図2である。パブリッシャー・ページに投稿されたライブ動画数は急増しているが、企業ページへのライブ動画の投稿はまだ少ない。ただ目立たないが、多くの企業はライブ動画によるプロモーションを試しており、今後急展開しそうである。

リンク先を見る 
図2 大手パブリッシャーのフェイスブックページおよび大手企業のフェイスブックページに、それぞれ投稿されたライブ動画数の推移

 トップ500のパブリッシャーの何%がライブ動画を投稿しているのか、それを示したのが図3である。今年の6月には、パブリッシャーの約半分もがライブ動画をフェイスブックに投稿するようになっている。

リンク先を見る
図3 ライブ動画を投稿しているパブリッシャーの割合

 また今回のSocialbakersの調査結果で興味深かったのは、Facebook Live動画を利用しているパブリッシャーに、米国外のメディア社が目立って多いことであった。そのため、ライブ動画で使かわている言語が英語以外のパブリッシャーが全体の70%も占めていた。

 Facebook Live動画を探すには、投稿者(パブリッシャー、企業、個人など)を世界地図上に表示した「Facebook Live Map」(デスクトップのみ)が便利であるが、その Live Mapも米国以外の全世界に分散してライブ動画投稿者が現れていることを明示してくれている(図4)。

リンク先を見る
図4 Facebook Live Map 当然だが、日中の時間帯の国からのライブ配信は増えるが、深夜の時間帯になると激減する。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。