記事

種まく人が不在で共通する新旧の巨人 ビジュアルデータでソニーとアップルの今を読む - 川手恭輔 (コンセプトデザイン・サイエンティスト)

1/2

日米のコンシューマ・エレクトロニクスのトップブランドであるソニーとアップルの2016年4~6月期の業績が相次いで発表された。

 その発表資料の数字をビジュアル化して、市場の状況も見ながら2社のコンスーマ・エレクトロニクス事業の現状を比較してみよう。

画像を見る
拡大画像表示

 アップルの4~6月期の売上高は423億5800万ドルだったが、比較しやすいように、ソニーが設定しているドル円レートの103円で換算すると4.4兆円で、ソニーの1.6兆円の約2.7倍となっている。

 アップルの「サービス」には、アプリや音楽配信などのインターネットサービス、ハードウェアの有償の保守サービス(AppleCare)やApple Payなどが含まれている。Apple TVやApple Watch、iPodやBeatsブランドのヘッドホンなどの製品は「その他の製品」にまとめられている。

画像を見る
拡大画像表示

 ソニーのMCはスマートフォンを中心とするモバイル・コミュニケーション事業、G&NSはゲーム&ネットワークサービス事業、IP&Sはデジタルカメラなどのイメージング・プロダクツ&ソリューション事業、HE&Sはテレビを含むホームエンターテイメント&サウンド事業を示している。

 それらがソニーのコンスーマ・エレクトロニクス分野の製品(以下CE製品)の売り上げになるが、多角化戦略によって、CE製品の売り上げの割合は半分程度までに減っていることがわかる。CE製品の売り上げだけでアップルと比較すると、その違いは5倍になる。

画像を見る
拡大画像表示

 ソニーのCE製品の売り上げは、昨年同期比で-11%だった。2013年に発売されたPlayStation4(以下PS4)の売り上げが堅調でPS4向けのゲームソフトのインターネット販売が寄与したG&NS以外は、軒並み売り上げを落としている。ソニーの復活が語られ始めているが、リストラや固定費の削減努力によって、ようやくコンスーマ・エレクトロニクス事業の黒字化にこぎつけたという段階だろう。

画像を見る
拡大画像表示

 アップルの売り上げも、昨年同期比で-15%と減少した。特にiPhoneの販売の落ち込み(-23%)が目立つ。

アップルの今

画像を見る
拡大画像表示

 4~6月期の世界市場のスマートフォン販売台数は3億4240万台で、昨年同期からほぼ横ばいになっている(IDC)。アップルのiPhoneの販売台数は昨年同期比で-15%だが、売り上げは-23%とさらに落ちている。これは今年3月に投入した廉価版モデルiPhone SEによって、平均の販売単価が下がったためだろう。IDCによればiPhone SEは新興国市場だけでなく、先進国市場でもAndroidのスマートフォンからの乗り換えや新規にスマートフォンを購入するユーザーを獲得しているという。

 「サービス」に分類されるアプリや音楽配信などのインターネットサービスやハードウェアの保守サービス(AppleCare)そしてApple Payなどによる売り上げは、市場におけるiPhoneの稼働台数に依存している。iPhoneの販売単価が下がっても販売台数を維持することができれば、「サービス」によって売り上げや利益を維持できるというシナリオは成り立つのだろうか。

 「サービス」の売り上げは6155億円(59.8億ドル)ほどで昨年同期から19%増加しているものの、まだiPhoneの売り上の減少を補うというレベルではない。しかし「サービス」の売り上げが、ソニーの各セグメント(事業)の売り上げを大きく上回っていることには驚く。

画像を見る
拡大画像表示

 4~6月期のスマートフォンの世界市場で、iPhoneは昨年同期からシェアを2ポイント落とした。依然としてサムスンが1位のシェアを維持しており、アップルとの差はジワジワと広がっている。ファーウェイ(Huawei)の3位も安定しているが、その後には昨年のシャオミ(Xiaomi)とレノボ(Lenobo)に代わって、同じ中国勢力のオッポ(OPPO)とビーボ(vivo)が入ってきた。日本では馴染みのない両社だが、いずれも中国と、東南アジアやインドなどのアジア・パシフィック市場を中心に強力なマーケティングを展開し販売を伸ばしている。

 シャオミも含めて各メーカーのハイエンドの端末を比較しても、すでに大きな差はなくなっている。オッポのR9 PlusはクアルコムのSnapdragon 652を搭載し4GBのRAMを備えて425ドルという低価格、ビーボのフラグシップXplay 5 Eliteは最強のSnapdragon 820と6GBのRAMで650ドルだ。メインカメラは、どちらも1600万画素(iPhone 6/6sは1200万画素)だが、R9 Plusはセルフィー向けにフロントカメラも1600万画素になっている。いずれもiPhoneやサムスンのGalaxyに似たデザインだが十分な高級感がある。

 アップルは特に中国市場(製品全体の売り上げが昨年同期比-33%)とアジア・パシフィック市場(同-20%)で苦戦している。中国固有の問題もあって、iPhoneを差別化するための「サービス」の展開が他地域に比べて遅れていることも大きな原因だろう。すでに端末単体での差別化は難しくなっている。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国が和紙代用品」議員が警鐘

    赤池 まさあき

  2. 2

    マスコミ受けの論点ばかりな国会

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    美智子さま 眞子さまに厳重警告

    NEWSポストセブン

  4. 4

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  5. 5

    堺正章 何人か芸能界から干した

    SmartFLASH

  6. 6

    ZOZO田端氏生討論のもったいなさ

    やまもといちろう

  7. 7

    これセクハラ? 悩める上司に指摘

    赤木智弘

  8. 8

    性犯罪で13年服役した男性の訴え

    篠田博之

  9. 9

    原油供給過剰 アジア減速が影響

    ロイター

  10. 10

    よしのり氏「移民政策に反対」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。