記事

日本で出版相次ぐ「蔡英文本」、ブームの背後に哈台族? - 野嶋 剛

今年5月、台湾の新総統に就任した蔡英文総統について、自伝や評伝の類いの本が次々と日本で出版されている。海外の指導者の関連本がこれほどのペースで出版されるのは極めて珍しい。しかも、決して米国や中国のような大国ではない台湾の指導者だ。さらに、売れ行きもなかなか好調だという。いったいどうしてこれほど蔡氏への関心が日本で高まっているのだろうか。

「小英(英ちゃん)」

画像を見る

左から『蔡英文 新時代の台湾へ』『蔡英文の台湾 中国と向き合う女性総統』『親日派!蔡英文』

 口火を切ったのは白水社の『蔡英文 新時代の台湾へ』(前原志保監訳、阿部由理香、篠原翔吾、津村あおい訳)。5月20日の総統就任式の日という絶妙のタイミングで書店に並んだ。この本は台湾では『英派』というタイトルで、2015年に台湾で出版されている。「英派」というのは、今回の総統選にあわせて蔡英文氏側が考え出したキャッチフレーズで、もともと党内に派閥を持たないフリーな立場であることを逆手に取った形で、自らのニックフレーズである「小英(英ちゃん)」にかけて打ち出したものだった。 

画像を見る

『英派』

 蔡氏としては初めての自らの筆による自伝であり、その内容は、政治や外交、社会政策などに対する自身の考え方を、自らの内面を含めて明らかにしており、内容的に蔡氏という人間理解のためには最適な書だと言えるだろう。

 初版6000部ですでに増刷を決めており、順調な売り上げを見せている。白水社では、蔡英文氏が2012年の総統選の際に刊行した『洋蔥炒蛋到小英便當(仮訳:タマネギ卵炒めから英ちゃん弁当まで)』という自伝についても、現在、前原氏を中心に翻訳を進めており、年内の出版を目指しているという。

 『蔡英文 新時代の台湾へ』の後を追うように出版されたのが、毎日新聞出版による『蔡英文の台湾 中国と向き合う女性総統』という本だ。これは6月末に書店の店頭に並んだもので、蔡英文氏の伝記ではあるが、執筆したのは、台湾の大手週刊誌の記者だった張瀞文氏で、元のタイトルは『蔡英文 從談判桌到總統府(仮訳:蔡英文 交渉のテーブルから総統府へ)』それを、日本人の台湾に詳しいベテランのジャーナリスト丸山勝氏が翻訳にあたった。

 内容は、前者が政治家・蔡英文を理解するための本だとすれば、これは政治家・蔡英文が生まれるプロセスを追った本だと言える。英国の大学から台湾に戻ったあと、偶然のなかで貿易交渉に長期間関わることによって国際交渉のネゴシエーターとして頭角を表していく経緯がよく理解できる。陳水扁政権では、対中交渉を任される「大陸委員会主任委員」に任命され、当初は女性で行政経験も浅いことから、その任に耐えうるか危ぶまれたが、中国との限定的市場開放である「小三通」など予想以上の成果を次々と出していくところなど興味深い。

一方、評論家・黄文雄氏による『親日派! 蔡英文』という本も6月に出版されている。これは蔡英文の評伝というよりは、黄文雄氏の台湾論であり、蔡英文氏に関する記述は最初の1章、2章だけに留まっており、このタイトルでこの内容はいささか「羊頭狗肉」の嫌いがあることは否定できない。また、蔡氏が親日派であるかといえば、いささか微妙である。蔡氏は基本的に日本と縁遠い英米留学によるエリート人生を歩んできた人物で、その日本理解は極限的であることは知られている。もちろん民進党政権の対日重視政策という部分はあって、蔡氏も日本へ友好的に接しており、前任の馬英九総統よりは日本に好意的なアプローチを取ってくるだろうが、それでも蔡氏を「親日派」と呼ぶことには、いささかの違和感がある。

画像を見る

『蔡英文 從談判桌到總統府』

 さらにこれは紹介するかどうか迷ったが、いちおう書いておくと、幸福の科学出版から、蔡氏の守護霊との対談本『台湾新総統 蔡英文の未来戦』という書籍が今年2月に出ている。蔡氏の守護霊が実は中江兆民だったというびっくりの設定で、しかし内容では安全保障や台湾政治についてそれなりに突っ込んだ議論を展開しているところが何ともアンバランスだ。幸福の科学出版は過去にも馬英九前総統や李登輝元相当の守護霊ネタでも本を出版している。

 日本で、台湾の現職総統の自伝が出たのは2000年に出版された陳水扁総統の「台湾之子」(毎日出版社)以来となる。馬英九総統の自伝は台湾では出ていたが、日本では出版されていなかった。同じ台湾総統である李登輝氏の場合は別格のところがあり、李登輝氏関連本はほとんど毎年のように日本で出版されている。台湾でよりも日本での方が売り上げもいいとされる。その点では、蔡氏らその他の総統との比較は難しいだろう。

台湾への関心と、蔡英文氏への関心

 蔡氏の本が相次いで出ている理由については、台湾への関心と、蔡英文氏への関心の二つレベルから考えることができるだろう。

 台湾に対して、日本社会全体の関心が高まっていることは間違いない。台湾旅行に関する女性誌の相次ぐ特集や観光ガイド本の氾濫からも、台湾への注目は一つの現象になっていると言っていいだろう。以前、日本に対して強い関心を持つ人々のことを「哈日族」という呼び方が流行したが、いまの日本では少なからぬ「哈台族」が生まれているように思える。

 一方、出版業界においては、これまで台湾に関する書籍は専門書か観光本から二極化されている傾向が強く、その真ん中の一般読者にも手に取りやすい内容の本は意外なほど少なかった。そのなかで、蔡氏という個人についても、台湾で初めての女性総統であり、中国寄りと見られていた国民党を圧倒的に打ち破る形で登場した蔡氏は、台湾の新時代を象徴する出来事であり、「蔡英文のことを知りたい」という期待が日本でとみに高まったのではないだろうか。

 蔡氏も、日本での出版に対して一定の思い入れを持っているようで、『蔡英文 新時代の台湾へ』『蔡英文の台湾 中国に向き合う女性総統』には、ともに自ら日本語版への序文を寄せている。その内容も、単なるありきたりの序文ではなく、本人が何度も校正を加えながら何度も書き換えたものだったという。民進党政権内では日本との関係強化に対する期待も高く、自伝の出版によって蔡氏の知名度や影響力を日本社会で高め、その対日政策や対中政策への理解が高まるメリットもある。台湾政治の変化に伴ってにわかに起きた出版界の「蔡英文ブーム」だが、日本社会の台湾理解に資することは間違いないだろう。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。