記事

JDI会長「機構から全面支援」、資金繰り不安解消を強調

[東京 9日 ロイター] - ジャパンディスプレイ<6740.T>(JDI)の本間充会長兼CEOは9日、厳しい経営状況に関連して「(筆頭株主の)産業革新機構から全面支援するとコメントを得ている」と説明した。その上で同会長は、銀行から短期の支援を得ているとして、「事業運営には一切の懸念はない」と述べ、資金繰りに不安はないと強調した。

2016年4─6月期決算発表の記者会見で本間会長らが経営状況を説明。本間氏は、年明け以降のスマートフォン市場の需要急減に加え、「5月末の在庫の増加、設備代金の支払いなどが加わり、売掛金と買掛金の間に不均衡が生じ、一時的に資金繰りが逼迫した」と説明。在庫の問題は6月末に解消したとしている。

機構からの全面支援の具体的な内容について、本間氏は「ボールはわれわれにはなくコメントできない」としつつも、「株主への影響は最小限に踏み止めたい」とも答え、1株当たり利益の減少を招く増資といった方策には否定的な考えを示した。

今後の成長領域である有機ELディスプレーへの投資については「(米アップル<AAPL.O>など)顧客、株主(産革機構)と慎重に協議を重ね、遠くない将来に結論を出す」(本間氏)としている。

同日発表した16年4─9月期業績予想は、営業損益は24億円の赤字の見通し。前年同期は105億円の営業黒字だった。7─9月期の営業損益は10億円の黒字を見込む。

17年3月期の通期予想は示していない。トムソンロイターがまとめたアナリスト15人の予測平均値は155億円。4─9月期の売上高は、前年同期比24.3%減の3843億円と予想している。

7─9月期の営業黒字化についてJDIは「欧米向けの新製品立ち上げにより増加」と説明、最大顧客アップルがこの秋に発売するとみられる「iPhone(アイフォーン)」の新機種の効果を期待しているとみられる。

16年4─6月期の連結業績は売上高が前年同期比29.2%減の1743億円、営業損益が34億円の赤字(前年同期は22億円の黒字)、当期損益が117億円の赤字(同4億円の赤字)だった。営業損益は2四半期連続の赤字。

(浜田健太郎 編集:内田慎一)

あわせて読みたい

「ジャパンディスプレイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。