記事

【広島】岡田代表、平和記念式典に参列し、核軍縮、不拡散への取り組み誓う

 米国の原爆投下から71年となる「広島原爆の日」を迎えた6日、岡田克也代表は広島市内の平和記念公園で開催された平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)などに参列し、原爆死没者への慰霊と世界平和への祈りを捧げた(写真上は、広島被団協主催の原爆死没者追悼慰霊式典であいさつする岡田代表)。

 平和記念式典には約5万人が参列、原爆死没者慰霊碑には、この1年間に死亡が確認された被爆者5511人の名前を書き加えた名簿が納められた。これで死没者は30万3195人となり、初めて30万人を超えた。

黙とうする岡田代表

平和祈念式典で黙とうを行う岡田代表

 原爆の投下された午前8時15分には平和の鐘が鳴らされるなか、原爆死没者に哀悼の意を表すとともに世界恒久平和の実現を祈り1分間の黙とうを行った。 

 岡田代表は式典後、広島県動員学徒等犠牲者の会が主催する動員学徒原爆死没者追悼式典で献花するとともに、広島県原爆被害者団体協議会(広島被団協)主催の原爆死没者追悼慰霊式典であいさつ。あいさつで岡田代表は、オバマ大統領が「核先制不使用」の宣言や国連安保理での核実験禁止決議に向けた働きかけなどを検討していることに触れ、来年1月の任期末を控えたレガシーづくりだという見方もあるがと前置きしたうえで、「オバマ大統領が広島を訪問し、直接被爆者の方々と会い、現実を見たことで核軍縮に向けてもう一歩進めなければならないという、大きなインスパイアをされたのではないかと思っている」と意義を強調。オバマ大統領の広島訪問後初めての8月6日を迎えるなか、安倍総理の平和祈念式典でのあいさつについて「従来のあいさつとあまり変わらず残念だった」と指摘し、「オバマ大統領とともに日本も核なき世界に向かって確かな1歩を進めるんだというサインを送っていただきたい。そして、オバマ大統領とともに1歩でも2歩でも核なき世界に向かって近づけるよう強く期待している」と求めた。

 最後に、9月の半ばに実施される次期代表選出選挙には出馬しない考えをあらためて述べると、「少し時間ができると思うので、私のライフワークである核軍縮、不拡散についてまたしっかりと取り組んでいきたい」と決意を込めた。

動員学徒原爆死没者追悼式典で献花する岡田代表

動員学徒原爆死没者追悼式典で献花する岡田代表

民進党機関紙局

あわせて読みたい

「岡田克也」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。