記事

独ノルウェー間に580kmの海底ケーブル。対馬海峡は200kmです。

対馬海峡はご存知の通り、九州と朝鮮半島の間にある海峡です。宗谷海峡はご存知の通り、日本の宗谷岬とロシアのサハリンの西能登呂岬/クリリオン岬の間にある海峡です。対馬海峡の全体幅は約200km、平均水深は約90〜100mであり、宗谷海峡は約42kmであり、水深は30〜70mだそうです。
リンク先を見る  
一方、オランダとノルウェーの間にあるのは北海であって、距離は約600km、最高水深は410mです。その約600kmに渡って、NorNedという、世界一長い高電圧直流給電(HVDC)ケーブルが海底に敷かれています。ノルウェーのフェダから、オランダのエームスハーフェンまで。その予算は5億5千万ユーロ(600億円)ありましたが、6億ユーロ(650億円)かかりました。±450 kVの電圧、最大出力は700MWです。2006年明けに着工して、2007年末に工事が終わって、2008年5月6日に電送開始しました。4ヶ月使用してから、7千万ユーロ(76億4500万円)の収益を挙げました。つまり、4ヶ月内に全費用の12%も回収する事が出来た。もともと一年で6400万ユーロ(69億8900万円)の収益が見込まれていましたが、既に4ヶ月間で挙げられました。

昼には主に、揚水発電所の電力がノルウェーからオランダに送られます。夜間等の電力需要の少ない時間帯のオランダの余剰電力を利用して、ノルウェーの揚水発電所の下部貯水池から上部貯水池(ダムの上のところ)に水が汲み上げられます。電力需要が大きくなる時間帯に上池ダムから下池へ水を導き落とす事でノルウェーで使用される電力の発電が出来ます。
  リンク先を見る ケーブル全長の580kmのうち、420 kmは水深のたった50mで敷かれて、160 km は409mの水深で引かれている。580kmのうち、270 kmは二重と冗長性が設けられ、残りの310kmは冗長性が設けられていません。(左の写真でケーブルの工事が見えます。ケーブルマニアがいれば、これは萌えますね♪)同様に
※ ノルウェー・デンマーク間にCross-Skagerrak (250km)
※ スウェーデン・ドイツ間にBaltic Cable (260km)
があります。
計画中は
※ オランダ・英国間のBritNed (260km)

それから、ドイツ・ノルウェー間のNorGer (560km)も計画中です。この間、くにまるジャパンで「ノルウェーとドイツに間に海底ケーブルがある」と堂々話していましたけど、それはまだ計画中ですね。まあ、オランダ・ノルウェーはすでに動いていますから、ここにそれをその代りにそれを紹介しました。

対馬海峡の全体幅は約200km、平均水深は約90〜100mです。宗谷海峡は約42kmであり、水深は30〜70mだそうです。専門家ではないため、例え、200kmずっと100mの深さで難しいなのか、分かりません。しかし、160kmに渡って、410mで敷くことも出来れば、200km100mの深さも可能なんじゃないかな? 日韓間でも似たようなプロジェクトは可能ではないかと思いますが、皆様はどう思いますか。

「エネルギーで外国に依存するのは怖い。」、「韓国に信頼できないかも」という懸念を口にした友達もいます。あまり比較できませんが、日本の食糧自給率は約四割ですから、食料ですで海外に依存しているのではないですか。ノルウェーとオランダのモデルでは相互依存関係になっています。ノルウェーは昼にの電力を送らないと、夜に電力をくれないと、その逆もそうです。エネルギー政策の専門家ではありませんが、このケーブルの事は面白いでしょう?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

  5. 5

    秒読みのウクライナ侵攻・・プーチンの論理

    舛添要一

    01月23日 20:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。