記事

官邸主導強化の内閣改造

第3次安部再改造内閣が、昨日3日、発足しました。

主要閣僚を留任させ、官邸主導の政治が、さらに強まるのではと懸念しています。

今回の内閣改造では、菅官房長官、麻生副総理兼財務大臣、岸田外務大臣など、要となる8閣僚を留任させました。

一方では、入閣待ちの議員が約70人はいる、という中で、結構年を重ねている新入閣の大臣も多く、メッセージ性のない改造とも報じられています。

安部総理と政治信条を同じくし、当選4期なのに再入閣となった稲田朋美前政調会長が、防衛大臣になったことには驚きました。

多くのポストを経験させて、自分の後継にと安部総理は考えているのでは、ともいわれています。

稲田氏は、自民党内きっての「タカ派」で、終戦記念日には必ず靖国 神社に参拝し、日本が核保有を検討すべきだと発言したこともあります。

こうした人を防衛大臣にしたことによって、中国や韓国との関係を悪化させないか、政府・与党内からも不安視する声が出ています。

中国も懸念を表明し、韓国も「歴史修正主義の傾向がある右翼強硬派の抜擢」と警戒感を持って報じています。

「働き方改革」担当大臣を、加藤1億総活躍担当大臣に兼務させて、非正規社員と正規社員の賃金格差を是正する「同一労働同一賃金」の実現に取り組み、年度内をめどに、改革の具体的な実行計画をまとめる、ということです。

企業の 協力が必然で、難しいことが多くありますが、これが実効性のある形で実現することを願っていますので、注目していきたいと思います。

自民党三役人事では、総理の任期延長も主導しているベテランの二階氏を幹事長にし、官邸主導の体制を強めている、といえます。

閣外に出て、総理や官邸のいうこと一辺倒で、多様な意見が党内にないのはおかしいと、次を目指す意思を示した石破前地方創生大臣に期待したいと思います。

東京オリンピックをめざして、丸川オリンピック担当大臣と小池都知事との仲が、おもしろおかしく取り上げられていますが、政策の中身をもっと報道してほしいし、私たちも上辺ではなく内実をみていきたいと思います。

あわせて読みたい

「第3次安倍第2次改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。