記事

広がる「選挙割」で話題に――「投票済証明書」ってなに?

今回の参院選で話題となった「選挙割」。投票所でもらえる「投票済証明書」を持っていくと、ラーメンの替え玉からDVDの割引などさまざまなサービスが受けられるというもの。しかし、「投票済証明書」を知らない人が多い。

この証明書は自治体が独自で発行するもので、公職選挙法の定めがないため、選挙を管轄する総務省もノータッチ。告知もされておらず、こちらからお願いしないともらえない。総務省もいつから、どこの自治体が始めたのか把握しておらず、したがってどの程度普及しているかわからない。総務省の担当者いわく、単に投票を促すもので済めばいいが、それが行き過ぎたり逸脱する恐れもあり、現在は推奨もせず、かといって止めもせず、動向を見守っている状況ということだ。

「選挙割」が始まったのは2003年からという。それから13年。ネットで検索すると、現在では「選挙割」をしている店舗が驚くほど多いのがわかる。今回の参院選では、東京・世田谷区の個人事業者が中心となって始めたこの取り組みに、東京都や神奈川県など全国11の都道府県でおよそ420店舗が参加したという。「選挙割」の広がりとともに「投票済証明書」を求める人が急増し、投票所は戸惑っているようだ。

一方、大阪市など経費削減を理由に中止した自治体もある。そのため「うちの地域では証明書がもらえなかった」との不満の声も多く寄せられているという。

しかし、「投票済証明書」をもらって得するからと喜んでばかりはいられないようだ。いわゆる組織票の問題である。ある大企業では、本人はおろか家族の「投票済証明書」まで提出させている。これは問題だと、告発もされている。これまで知られていないだけで、こういった企業ぐるみの圧力が横行していた恐れもある。注視していかなければならない問題だろう。

(三宅雪子・元国会議員、7月22日号)

あわせて読みたい

「公職選挙法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  4. 4

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  5. 5

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  6. 6

    新型肺炎後の世界はネット主流か

    ヒロ

  7. 7

    東京で新たに130人以上感染確認

    ロイター

  8. 8

    敵はウイルス 政策叩きは止めよ

    青山まさゆき

  9. 9

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  10. 10

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。