記事

紳助氏引退騒動とマスコミ

民主党代表選、そしてそれに続く新政権の発足という永田町のビッグイベントの陰に隠れる形で、島田紳助氏の引退騒動はマスコミ的にはほぼ収束の方向に向かいつつあると言っていいだろう。

それにしても今回の一件で強く感じたのは、メディア、特に週刊誌メディアの取材力が相当に落ちてきている、という点に他ならない。確かにいくつかの週刊誌が「スクープ」と銘打ち、島田氏と山口組系暴力団組長のズブズブの関係を明らかにするような具体例を報道しているが、そのどれもが極めて平板な内容に終始している。

そこで報道されている情報のほとんどが、大阪府警、あるいはその周辺から意図的にリークされたものに終始しており、当事者サイド(この場合、島田氏、そして山口組)から得た独自ネタはほとんど無きに等しいと言っていいだろう。

だからこそ各メディアの報道トーン、あるいは報道内容がほとんど画一的なものに終始してしまったのは、警察当局から提供された情報に大きく依存しているからだろう。

そしてそれゆえに、事態の真相がほとんど見えてこないのだ。

なぜ警察当局は、そこまで徹底的に島田氏をマークしなければならなかったのか?なぜ吉本興業は、いとも簡単にドル箱タレントを切ってしまったのか?そしてなぜ島田氏は、こうまであっさりと引退を決意したのか?

少なくともこれまでのマスコミ報道では、一切そうした謎が解き明かされていない。

そもそも記者会見の席上、島田氏が語った「10数年前、解決できないトラブル」の真相だって、実を言うと何一つ明らかにされていないのが実情だ。

この”トラブル”を解決する際に、島田氏は山口組サイドとかかわりをもつようになったと会見で説明しているが、実を言うとその説明には明らかなウソがある。

実を言うと、最終的にそのトラブルを解決したのは、一連の報道にある、極心連合会の橋本弘文会長ではない。もっと”大物”が、この一件では動いているのだ。

こうした事実関係は、山口組サイドを取材しなければ絶対に出てこない。

その一点をもってしても、マスコミサイドの取材不足は明らかだろう。

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。