記事

いま熱い注目を浴びる総理大臣。小泉純一郎総理は、どこが違うのか? 『小泉官邸秘録 総理とは何か』 (飯島勲 著)(文藝春秋 刊)|解説|田﨑 史郎(時事通信社特別解説委員)

画像を見る
『小泉官邸秘録 総理とは何か』 (飯島勲 著)(文藝春秋 刊)

 政治を評論する立場となるルートは大きく分けて五つある。政治学者、官僚、政治記者、そして政治家、その秘書だ。学者や官僚、記者が外側から見ているのに対し、政治家や秘書は内側から見ている。その分、外側からは見えない事実を知ることができるのだが、客観性や洞察力に欠けるという陥穽にはまりやすい。

 その罠にかからずに、時代を超えて読み継がれていく本がある。現象から導き出される普遍性、すなわち時代が変わろうとも変わらない本質が描かれていれば風化に耐えられる。たとえば、西日本新聞社の記者出身で、池田内閣で飯島勲と同じく首席首相秘書官を務めた伊藤昌哉は『実録 自民党戦国史─権力の研究─』(朝日ソノラマ)で権力闘争の本質、政治家のすさまじさを描いた。

「政治は感情だ、これがしこりとなって固定すると、いつか政争への火種となる」

「人事ほど、首相の肚を端的に物語るものはない」

 私は田中派や竹下派の分裂、自民党総裁選などさまざまな権力闘争や組閣、内閣改造・党役員人事を見るたびに、伊藤の言葉を何度となくかみしめた。伊藤はさらにこう書いている。

「新聞記者はいろいろと記事を書き、日々の歴史を綴って一応の答えを出してはいるが、いずれもその場かぎりの答案ではないだろうか」

 我々記者は幅広く取材し、バランスが取れた見方のもとに報じているという自負心を持っている。しかし、記者の一人として、伊藤の指摘を受け入れざるを得ない。懸命に取材し、真実に肉薄したにしても、その場にいたわけではないので、内部で観察していた人に比べたら、残念ながら劣る。

 首相経験者ら政治家本人が書くのが一番正確と思うかもしれない。だが、政治家自身が書く場合、往々にして自分に都合が悪いことは触れず、都合の良い事実を書き連ねることで、自分をプレーアップする。政治家の自画自賛から脱却した本は『指導者とは』(リチャード・ニクソン、文春学藝ライブラリー)、『岸信介証言録』(原彬久編、中公文庫)など数少ない。

 しかも、記憶は嘘をつく。人一倍自尊心が強い政治家は悪気があるわけではないが、不都合な事実を封印しているうちに忘れ、都合が良い事実だけを覚えている。そういう意味において、首相秘書官が主と距離を置いて見る観察眼が備わっているなら、政治の実態を書き残す意味は大きい。

 嘘の度合いは時を経るほど大きくなる。この点、『小泉官邸秘録』は小泉純一郎が自民党総裁任期満了に伴い、首相の座を去った直後の二〇〇六年一二月に出版されている。生々しい記憶が残っている時期だ。

 同書は、首相官邸で、次々と降りかかってくる難題にいかにして立ち向かったかを描いている。

 小泉政権は「官邸主導」が定着した、初めての政権だ。田中派や竹下派全盛時代の党主導でも、財務省を頂点とする官僚主導でもなく、首相が決めたことが政府の方針となった政権だった。その装置は二つあった。

 一つは小泉が午前と夕方の一日二回行う、記者団とのぶら下がりインタビューだ。それまでの政権では、首相が官邸や国会で歩く際に、記者団が取り巻き、質問する形式だった。十数人の記者が首相を取り囲むように動き、聞いた記者がほかの記者に教え、一斉に報道した。しかし、録音していないので、言った言わないという争いがしょっちゅう起こった。

 当時、小泉の発言が政治を動かした。小泉が何を言ったかが政治の核となり、他の政治家が反応した。国民に向けて語ることによって、政党や官僚を動かしていく――。これが根幹となる小泉の政治手法だった。

 小泉後の首相はそれをまねた。だが、安倍、福田康夫、麻生太郎、民主党政権下の鳩山由紀夫、菅直人は次々と失敗した。菅はついに、一一年三月一一日の東日本大震災を契機として、土日を除いて連日行っていたぶら下がりインタビューを中止した。野田佳彦も安倍晋三もこれを踏襲し、必要と思った時だけインタビューを行って発信している。

 小泉の政治手法を可能にしたのは、小泉本人の言葉の力と選ばれ方による。小泉は「ワンフレーズ・ポリティクス」という言葉を生むほど、テレビが飛びつきたくなるような言葉をとっさに編み出す能力に長けていた。

「私の内閣の方針に反対する勢力はすべて抵抗勢力だ」(〇一年五月、国会で)

「痛みに耐えてよく頑張った。感動した。おめでとう」(〇一年五月、優勝した貴乃花に総理大臣杯授与で)

「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ」(〇四年六月、自身の年金問題について国会で)

 小泉の言葉は今でも私たちの記憶に残っている。テレビが切り取りやすいように、十秒以内だった。すべて、誰かが振り付けたわけではなく、本人のアドリブだった。こんなに印象に残る言葉を次々と発した首相はいなかった。

 飯島が小泉の政治手法を可能にした要因として強調しているのは選ばれ方だ。

 小泉が勝利した〇一年四月の自民党総裁選を振り返ってみよう。森喜朗が退陣した後の後継選びで、元首相・橋本龍太郎、麻生太郎、亀井静香、それに小泉が立候補した。総裁選が告示された一二日時点で、最有力候補は派閥の領袖で、首相も経験していた橋本だった。

 この総裁選は、国会議員による本選挙の前に、各都道府県ごとの党員の意思を反映する「予備選」方式で行われた。都道府県票と呼ばれ、各三票割り振られ、計一四一票だった。一位となった候補が三票を総取りする方式を採用した県も多く、しかも各都道府県が本選挙を前に投票結果をばらばらに発表した。

 すると、予想に反して「一位小泉」という結果発表が相次いだ。この流れに、国会議員が抗しきれなくなり、小泉支持に雪崩を打った。その結果、小泉二九八票、橋本一五五票、麻生三一票(亀井は本選辞退)──と小泉が圧勝した。

「小泉は一般党員が(もっと言えば国民が)自ら選んだ、いわば公選総裁だった。小泉は永田町での妥協や駆け引きなしに総裁になった」

 飯島は誇らしげにこう書いている。確かに、この点がほかの政権との大きな違いだ。第二次安倍政権も「官邸主導」では同じであっても選ばれ方が違う。

 安倍は一二年九月の総裁選で、石破茂らを破り、総裁に復帰した。この総裁選の党員票で、石破が過半数を上回る一六五票を獲得した。党員票と国会議員票を合わせた一回目の投票で安倍は二位に滑り込み、国会議員だけで行われた上位二人による決選投票で安倍は一〇八票で、八九票にとどまった石破を退けた。

 安倍は党員投票で敗北し、国会議員投票で勝利した。小泉のように党員に選ばれたわけではない。このために、世話になった国会議員に対する配慮が欠かせなくなった。どの政党でも、どの会社、組織でも、トップになった時のプロセスがトップ就任後の運営を左右する。

 飯島が選ばれ方とは別に、「官邸主導」の装置として強調している、もう一つの装置は連絡室参事官(通称「特命チーム」)を重用したことだ。このように機能していたことは私も本書で初めて知った。

 首相官邸では通常、財務、外務、経産、警察の省庁から派遣された首相秘書官が政策調整の軸となる。しかし、小泉政権では秘書官を出していない省庁に幹部を派遣するよう要請した。総務省、厚生労働省、防衛庁、国土交通省、文部科学・農水省から派遣された五人を首相秘書官並みに扱った。

 官邸は霞が関の司令塔だ。首相秘書官が時の首相と相談しながら、首相の意向を各省庁に伝える。その枠に入らない省庁は首相秘書官のスクリーンを通して首相の意向を知る。他省庁は首相秘書官を出そうとするが、首相秘書官を出している省庁は他の省庁の進出を防ごうとする。

 そこで、飯島は首相秘書官を増やさず、参事官を置き、首相秘書官並みに扱うことにした。例えば、外務省の抵抗を受けながらも、参事官を首相の外国訪問に同行させたり、官邸の重要会議に出席させたりして参事官を取り立てた。

「連絡室参事官は組織上は内閣総務官室に所属する内閣官房内閣参事官であるが、実態は総理に直属し、秘書官と同等の仕事をやってもらっていた」

「私を含め五人の総理秘書官と五人の参事官は文字通り一つのチームになり、総理を支え、官邸内の危機管理において重要な機能を果たしてきた」

 これが飯島が指摘する官邸主導の要諦である。安倍政権ではこの形を取らず、安倍、官房長官・菅義偉、三人の官房副長官、首席秘書官・今井尚哉(経産省出身)の六人による「正副長官会議」をほぼ連日、開いて意思疎通を図り、政権を運営している。

 近年、多岐にわたる、複雑な問題が起き、首相だけしっかりしていれば政権を動かせる状況ではなくなっている。官邸が中心となって政権をいかに機能させるかが日本の命運を左右するようになっている。このために、小泉政権は内閣参事官を、安倍政権は正副長官会議を活用している。

 どちらが正しいかは分からない。しかし、首相を支える体制がしっかりしていなければ、どこかでミスを犯し、長期政権を築くのは困難になる。

 政権は機械が動かしているわけでは決してない。動かしているのはそこに集った国会議員や官僚である。それをどう機能させるか――。そのことを本書は教えている。
画像を見る 小泉官邸秘録 総理とは何か(文藝春秋 刊)
飯島勲・著

定価:本体870円+税 発売日:2016年07月08日
詳しい内容はこちら

あわせて読みたい

「小泉純一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  4. 4

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。