記事

GAGA、第三者割当増資実施。ハウステンボスとクリーク・アンド・リバーで51%の株式引受へ

映画配給などを手掛けるGAGAが8/1、第三者割当増資実施を実施したと発表した。

第三者割当増資実施に関するお知らせ(PDF)

株式を取得したのは、ハウステンボスとクリーク・アンド・リバー。ハウステンボスが36%、クリーク・アンド・リバーが15%の株式を引き受ける。
今回の割当増資実施の理由を、経営基盤の強化、そして映画との親和性の高いテーマパーク事業を持つハウステンボス、幅広いコンテンツの企画、開発に携わるクリーク・アンド・リバー社と持続的な事業パートナーシップを構築するためと説明している。

依田巽代表取締役会長の持ち株比率は、実質まだ49%(依田巽氏自身が21.95%、依田氏の100%株式保有会社の株式会社ティー ワイ リミテッドが27.05%)だが、筆頭株主がハウステンボスとなる。GAGAの経営方針に突然の大きな変更はないだろうが、事業内容は今後さらに手広くなっていくだろう。

引受先のクリーク・アンド・リバー社はプレスリリースにて、VR事業に関しても協力関係を構築し、新たな技術を取り入れた様々なエンタテインメントに関するコンテンツの企画・開発・制作を進めて」いくと発表している。

リンク先を見る 運をつかむ技術―18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密
posted with amazlet at 16.08.01
澤田 秀雄
小学館
売り上げランキング: 9,178
Amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい

「株式」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  8. 8

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。