記事

小池百合子は「女性の時代」に相応しい

今回の都知事選で、わしがあきれたのは「男尊女卑」の風潮の根深さだ。
石原慎太郎が「年増の厚化粧」と言ったが、あんなセクハラは今の社会では許されない。
内輪だけで悪口に使うことがあっても、公的な場所ではもう使えない言葉なのだ。
それは「男尊女卑」の感覚から発する中傷であって、特に政治家が発してはならない言葉である。

一方、鳥越陣営に瀬戸内寂聴が応援に駆けつけて、冗談のつもりで石原慎太郎の「年増の厚化粧」という言葉を拝借して小池氏を非難していた。
なんと瀬戸内寂聴までが、「男尊女卑」に加担したのである。
これには仰天した。

瀬戸内の脳内はもはや「反安倍」「護憲」などのイデオロギーに染まり切っていて、「女性差別」になる言葉にも鈍感になってしまっている。
ユーモアとは言わせない。
女性候補をバッシングする言葉を、面白がって、悪乗りして、瀬戸内が使ったのだ。

宇都宮健児の主張では、鳥越のスキャンダルも、女性の人権侵害の疑いがあるので、それを記者会見で否定しなければ、応援には行けないということだった。
そうなると、鳥越陣営も「男尊女卑」に深く浸食された連中ということになる。
しかし鳥越を応援していた女性議員は欺瞞的だったな。

そんな風潮の中、圧倒的大差をつけて勝った小池百合子を見ると、やっぱり「女性の時代」の幕開けだなと思う。
世界中で「女性の時代」が幕を開ける予兆が現れている。
イギリスのエリザベス女王とメイ首相。
ドイツのメルケル首相。アメリカのヒラリー大統領。
「アナと雪の女王」「スターウォーズ」・・サブカルの世界でも、ヒロインこそが面白い。

これでいいのだ。
「女性の時代」になるべきだ。
クソ古くさい「男尊女卑」の世の中は終わるべきである。

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。