記事

ドル小幅反発、米早期利上げ期待薄で上値限定か=NY市場

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅反発。日銀の追加金融緩和の内容に対する失望感から前週末に急伸した円がやや軟化し、ドルの全般的な戻りにつながった。

ただ、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げが市場にほとんど織り込まれていないため、ドルが一段と上昇するのは難しくなりそうだ。

終盤の主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.2%高の95.755、ドル/円<JPY=>は0.3%高の102.325円だった。

先週はドル指数が2%安と、過去3週間で最も低調な値動きになった。FRBが早期利上げを示唆せず、第2・四半期の米国内総生産(GDP)が期待外れの成長にとどまったためだ。

CMEグループのフェドウォッチによると、フェデラルファンド(FF)先物が織り込む12月の利上げ確率は1日が34%と、2週間前の約48%から低下している。

さらに、デイリーFXの通貨アナリスト、クリストファー・ベッキオ氏はFRBの利上げ時期について、市場は少なくとも2018年1月まで自信を持てないとし、その時点で織り込まれた確率がようやく60%を超えると指摘した。

その上で「FRBの政策担当者にとっては、米経済の成長率が(年率1.2%)とユーロ圏(同1.6%)より低いという厳しい現実がある。こうした点からFRBが利上げを急ぐことはほとんどあり得ないように思われる」と述べた。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は1日、米経済と労働市場が急速に改善するようなら、11月の大統領選前の利上げがあるかもしれないと発言した。

これに対してベッキオ氏は、経済が上向いた場合に年内に1回か2回利上げする可能性をほのめかしているFRBと、市場の米金融政策に関する想定シナリオの間には明確な「不協和音」が存在するとの見方を示した。

ドル/円 NY終値 102.38/102.41

始値 102.19

高値 102.49

安値 102.12

ユーロ/ドル NY終値 1.1159/1.1166

始値 1.1162

高値 1.1179

安値 1.1155

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    福島みずほ氏が社民の消滅を阻止

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。