記事

原発問題、もっと真剣に考えよう - 平田義信

10月4日に玄海4号機が自動停止しました。これで九州の6基の原子炉の内5基が停止しました。稼働しているのは皮肉にも脆性遷移温度の問題を抱える玄海1号機だけとなりました。9月30日には、九電の「やらせメール」に端を発した一連の問題に対する第三者委員会の最終報告も発表されました。これはもしかしたら、もっと真剣に原発問題を考えろと言う「天の声」かも知れません。

 九州電力株式会社第三者委員会報告書
 http://www.kyuden.co.jp/library/pdf/notice/report_110930.pdf

 最終報告の動画
 http://www.videonews.com/press-club/0804/002087.php
 
第三者委員会の郷原委員長は自身のメールマガジンの中で総括を行っています。その中には知事と自身との関係や、電力会社との関係を吐露されています。特に「私も電力マンの息子」との言葉には衝撃を受けました。そうして「電力会社寄りの人間」が九電の経営陣と対立しても真実を追い求める姿に感動しました。

九電は第三者委員会の人選を誤ったと思っているかも知れませんが、逆だと思います。この最終報告は郷原委員長の「愛の鞭」だと言えると思います。九電の経営陣は報告結果を真摯に受け止め、自身の身の振り方を考えるべきです。また、九電社員も失墜した信頼を回復するにはどうすべきかを真剣に考えなければなりません。

同時に報告書にも指摘されている様に、一企業が単独で一連の世論誘導を行ったとは考え難いと思います。古川知事や岸本町長をはじめとする行政は、過去の原子力に対する姿勢を改める必要に迫られています。国も含めて原子力行政の透明性を確保するのが先決だと考えます。郷原委員長が自身のメルマガや、佐賀新聞の取材でも指摘している様に個人の問題として解決して真実を闇に葬ることが無いよう願います。

最後に玄海町民は当然ですが、県民や国民がもっと真剣に原発について考えて欲しいと思います。そうして賛成・反対の二極論で対立するのでは無く、行政・企業・民間が対等な立場で同じテーブルに着き話し合える場を作り上げる事が重要だと考えます。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。