記事

金正恩氏の「幹部処刑」と「ミサイル発射」は父親の7倍ペース

金正恩氏

韓国の国防・情報当局などの分析によれば、北朝鮮は金正恩体制になってから4年半の間に、実に31発もの弾道ミサイルを撃ちまくったという。

その内訳は、スカッド(射程300~1000キロ)16発、ノドン(同1300キロ)6発、ムスダン(同3500~4000キロ)6発、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3発となっている。

体重も激増

金正恩党委員長の父親である金正日総書記の執権時には、18年間で16発の弾道ミサイルを発射した。正恩氏はすでにその倍の数を撃っており、年間の打ち上げペース(約7発)は父親の約7倍にも達する。

彼がここまで撃ちまくるのは、核ミサイルの性能を上げることが目的だから、満足できるまで今後も発射実験を続けるだろう。

ところで、「父親の7倍」という数字には、ほかでも見覚えがある。

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は1年ほど前に開かれた討論会で、北朝鮮の金正恩政権が発足から3年半の間に幹部やスパイ容疑者ら約70人を処刑したと述べた。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

金正日時代には、同期間における処刑は約10人だったので、正恩氏は「父親の7倍」のペースで処刑を行ったということだ。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

「最愛の妹」も俎上に

このような数字を見ると、正恩氏は独裁者として非常に生き急いでいるようにも感じられる。彼は、いまだ弱冠32歳である。今のところは国際社会と良好な関係を築けていないが、慎重に行動してゆけば誰よりも多くの経験を積むことができる。20~30年後には、老練な国家指導者として国際社会で一定の地位を占めることも不可能ではないのだ。

しかし現在の彼の姿には、そのような未来を想像しにくくさせるものがある。体重130キロを超えたとされる体形の変化ひとつとっても、健康に不安を抱えていることをうかがわせる。

(参考記事:【写真で振り返る】金正恩氏、年々高まる肥満度…髪型にも変化が

韓国メディアではすでに、「正恩氏に何かあったら、妹の金与正(キム・ヨジョン)氏が後を継ぐのではないか」などの観測が、ほとんど何のきっかけもなく唐突に出るようになっている。

(参考記事:金正恩氏「最愛の妹」が「人権侵害」でターゲットに

それもやはり、金正恩体制の先行きの短さを、少なくない人々が直感しているからではないか。だがもしかしたら、それを最も強く感じているのは正恩氏本人で、だからこそ、独裁者としての人生を生き急いでいるのかも知れない。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  2. 2

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  5. 5

    病床を増やさないどころか計画の実効性もないコロナ禍の一年半 残念すぎる政府の対応

    中村ゆきつぐ

    08月06日 08:42

  6. 6

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  7. 7

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  8. 8

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  9. 9

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  10. 10

    74年間一度も改正されていない日本国憲法 「決められない日本人」の象徴

    篠田 英朗

    08月05日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。