記事

米国株はまちまち、GDPに失望もハイテク株は買われる

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国株式市場はまちまちで取引を終えた。テクノロジーの主要銘柄が買われた一方でエネルギー株は値下がりした。

S&Pは一時、約0.3%高の2177.09と日中最高値を更新した。過去最高値をつけるのは今月7回目となる。

グーグルの持ち株会社アルファベットは3.3%上昇した。四半期収益の伸びが底堅かったことが好感された。

オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは過去最高値をつけた。足元の四半期の見通しについて明るい見方を示したことが買い材料となった。

朝方発表された第2・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は1.2%増と、市場予想の2.6%増を下回った。米連邦準備理事会(FRB)が近いうちに利上げすることはないとの見方を後押しし、株価の押し上げ要因となった。

こうした中、四半期利益が市場予想を下回ったマクドナルドや石油大手エクソンモービルは1.5%と1.4%それぞれ下落し、ダウの重しとなった。

週間ベースではダウが0.75%、S&Pが0.07%低下した。一方、ナスダックは約1.2%高となった。

月間ベースではダウが約2.8%上昇。S&Pは約3.6%上昇と、5カ月連続のプラスとなった。ナスダックは約6.6%上昇した。

月末に取引高は増え、米取引所の合算出来高は約73億株と、直近20営業日の平均である66億株を上回った。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.68対1だった。ナスダックも1.03対1で上げが下げを上回った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。