記事

「市場の横暴を許すな」だって?? - wasting time?

市場の横暴を許すな!市場原理主義者め!格差の問題に政府はもっと対処すべき!

という主張は多い。これは何も日本に限ったことではない、アメリカでも(!)イギリスでも世界中で見られる主張である。市場の役割がどんどん大きくなっているという認識に基づいて語られているのだろう。でも、それって本当に正しいのだろうか?

今日は、adam smith instituteというブログから。

Do we have a capitalist economy?
We could quite easily ask the protestors whether they thought an economy in which circa 50% of GDP is spent by the government could reasonably defined as capitalist? Where 20% of workers are government employees and almost everyone in the economy is in receipt of state transfer payments or other forms of state aid is ‘free market’? Where the top rate of income tax is 50%? Where government debt is 392% of GDP? Where the remaining 50% of the ‘free market’ economy is heavily regulated by the multitude of statutes and statutory bodies across every sector?
これはイギリスの話だが、簡単に要約すると

GDPの50%は政府の支出によるものである。労働者の20%は政府によって雇用されている。そして、ほとんどすべての人が政府から所得移転を受けている。所得税の最高税率は50%だ。残りの50%の政府支出によらない経済の部分も様々な形で規制されている(政府の累積債務の数字は間違いだろう)

どうだろうか?

もちろん、日本の場合は政府による財政支出などはもっと規模が小さい。それにしてもである。このような状態で政府による市場への関与が少ない。市場の横暴を許すべきではないとの主張は本当に正当性を得るべきだろうか?

むしろ、政府による市場への過剰な関与が市場機能を阻害して、景気の波を作り出したり貧困を作り出しているといえないのだろうか?
The vast level of government interventions have resulted in a pseudo-capitalist system based on corporatism, not free markets. Under this system large institutions such as trade unions, large corporations, professional associations and so forth have a symbiotic relationship with big government -- they are both dependent upon each other to protect their positions of privilege all at the expense of non-members and consumers i.e. society at large.
政府と大企業や労働組合などの組織との強固な結びつきが真の自由市場に基づかない資本主義を作り出している

まさに、それが正しいのかもしれない。

Occupy wall streetという反(大)企業主義の反対運動の波が広がっているようである。一部の人は反市場主義への思いから、そういった運動を支持しているかもしれない。しかし、我々が問題にすべきは政府の力が強すぎる点である。そして、強すぎる政府が大企業などと結託して自分達の有利な政策を実現しようとしている点である。

政府の財政出動や金融政策による市場への介入も景気の振動を激しくする。アメリカの住宅バブルとその結果のリーマンショックも日本のバブルも政府の誤った政策・中央銀行の誤った政策によってもたらされた側面は非常に強い。

政府による市場への介入を防ぎ、真に自由な市場を確立することこそが大切なのである。横暴なのは市場ではない。政府であり、その取り巻きに居る人々である。

wasting time?のブログ↓
ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  3. 3

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    福島みずほ氏が社民の消滅を阻止

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。