記事

『ネット炎上の研究』田中辰雄・山口真一著

東京大学大学院経済学研究科教授 柳川範之

ネット上で、攻撃的なコメントや批判が殺到するいわゆる炎上の問題。ネットで書き込みをしている個人ユーザーだけでなく、企業経営者等にとっても、頭の痛い問題だろう。ネット炎上が、会社の評判や信用の低下につながるのではという懸念を多くの企業が抱いているからだ。

本書は、そんなネット炎上の実態について、可能な限りのデータを集めて分析を行った今話題の本だ。今までもネット炎上に関する書物がなかったわけではない。が、本書でも指摘されているように、その多くは断片的な情報や少数のケースをもとに語られてきた。それに対して本書は、データの収集を行ったうえで経済学者が定量的な実証分析を行って議論を展開している点に大きな特徴がある。

導き出された結果は、かなり驚くべきものだ。炎上に参加している人はネットユーザーのわずか0.5%、しかもその大半は一言つぶやくだけであり、攻撃的なコメントを繰り返す人はさらにごく少数だというのである。

これは、多くのネットユーザーにとって、そして企業経営者にとっても、かなり重要な結果だろう。通常は、ネット炎上すると、その勢いに気圧されてしまう。特にそれに関連した企業等は、それを世論の声のように受け止め、評判低下の危機と深刻に考えがちだ。

もちろん企業不祥事等の結果生じた炎上は、それを世間の声として真摯に受け止めるべきだろう。

しかし、そうではない場合に、ごく一部の人たちによる過剰反応ともいうべき行動で炎上が起きているのだとすれば、それに対してとるべき対処策も当然変わってくると考えられる。

とはいえ、わざと炎上させて話題をとる、いわゆる炎上商法を目論む人以外は、無用な炎上は避けたいと思うだろう。その点については、本書の前半で語られている炎上の分類が大いに参考になる。

ここでは、炎上を起こす事例や典型的なパターン等が紹介され分類されていて、ある意味で書き込みの失敗事例がうまく整理されている。これらをきちんと読むことで、避けられる炎上もかなり出てくるのではないだろうか。

本書全体を貫いているのは、本来自由で建設的な言論を可能にするはずだったインターネットの世界が、なぜこんなことになってしまったのかという疑問であり、どうしたらよりよい言論空間が実現できるかという問いかけである。

ネット炎上が頻発するようになると、人々はネットを通じた情報発信や意見の表明を控えるようになってしまう。これは社会にとって大きなマイナスだと著者は訴える。そして炎上を防ぐサロン型SNSの導入等も提言していて、この点も注目である。

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  6. 6

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。