記事

【都知事選・都議補選】鳥越候補、森候補が大田区で個人演説会 中小企業対策強化を訴える

鳥越俊太郎都知事候補は26日夕、大田区で個人演説会を開いた。民進党からは山尾志桜里政務調査会長が、共産党からは小池晃書記局長が応援弁士を務めた。

 鳥越候補は自身の基本姿勢について「強いものの味方ではなく、弱いものに寄り添っていくことを第一にしている」と述べ、権力者に寄り添うことなくジャーナリストとして問題を追及してきたと自己紹介した。「昔と比べて仕事が激減し、町工場は次々廃業している。町工場が元気にならなければ東京の活性化はない」と語る大田区の町工場経営者が東京新聞に寄せた記事を読み上げ、中小企業への支援が不充分な都政を見直し、中小企業対策を強化していく考えを示した。

 山尾志桜里政務調査会長は、自民党の流れをくむ都知事選の候補者が待機児童問題解決策として規制緩和で子どもを詰め込む方針を表明、さらに保育士や介護士が共同で住むシェアハウスを提供すれば給与が低くても大丈夫だという考えを示したことを問題視した。「子どもを詰め込むだけではなくて保育士さんまで詰め込むのか。保育士さんはみんな独身なのか。保育士さんの家庭はどうするのか。現場を見ているのか。当事者の声を聞いているのか」と訴え、当事者の声に耳を傾け、保育の質を保障した待機児童ゼロの保育を実現できるのは鳥越候補しかいないとして、支持を呼びかけた。

 小池書記局長は「道路やハコモノをつくる政治は終わった。暮らしを支え、保育を支え、介護を支える政治こそが必要と鳥越さんは言っている。鳥越さんに都知事選挙に勝ってもらって、『保育園入れた。東京大好き!!』とブログで書いてもらえるような都政を実現しよう」と訴えた。

■都議会議員補欠選挙 もり愛候補個人演説会

 鳥越候補の個人演説会に先立ち、東京都議会議員補欠選挙に民進党公認で大田区選挙区から立候補している、もり愛候補も個人演説会を開いた。都連会長の松原仁衆院議員や井戸正枝東京4区総支部長も応援にかけつけ、大田区議会議員として歩んできたもり候補のキャリアについて、都政に欠かせない存在だと語り、支持を求めた。

 同選挙区では共産党が候補者の擁立を見送り、もり候補を支援する野党共闘の形が整った。もり候補は、共産党の対応に謝意を示すとともに、都政を変えたいという都民の声を受け止め何としても当選を果たしていく考えを語った。もり候補は選挙戦のなかで(1)税金の無駄遣いをなくす(2)高度防災都市をめざしたまちづくり(3)待機児童解消!子育てしやすい東京に!(4)国際都市東京&ものづくり世界一の大田へ(5)女性活躍を促す「本気の政策」を!――と訴え、都議としてその実現に力を注ぐ考えを表明している。

 第1子を出産して間もない新米ママでもあり、待機児童問題などには率先して取り組んでいく考えを強調。「子どもたちが希望を持てる社会を目指して、東京から日本の子育て環境を変えて行く。都政を都民の手に取り戻すため全力を尽くす」と訴えた。

民進党機関紙局

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  6. 6

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。