記事

袋小路の反原発運動 - 馬場正博

去る9月19日、ノーベル賞作家の大江健三郎氏などの呼びかけで、全国で6万人規模(主催者側発表)の反原発デモが行われました。デモは3月11日の地震と津波により引き起こされた福島第一原子力発電所事故以来、最大規模のものでした。

しかし、関係者が盛り上がりを強調するのと反対に原発全廃の動きは急速に力を失ってきています。野田首相はデモの翌日ウォールストリートジャーナル紙のインタビューに答えて、検査のために停止中の原発の再稼働を行う意向を示しました。
無責任な原発事故の風評被害への非難も起きています。愛知県日進市で福島県産の花火の使用を「市民」の抗議によって取りやめたことには、日頃原発や放射能被害に厳しい姿勢をとる朝日新聞も「風評被害」として、放射能の危険への過剰反応を警告しました。

これは事故から時間が経つにつれ人々の原発に対する恐怖心や抵抗感が薄くなってきたことが大きな理由でしょう。福島第一原発事故は日本では大規模な原発事故は起きないだろうという安心感を完全に砕きました。しかし、原発事故の実態も国民に次第に理解されるようにもなってきました。

福島第一原発の事故前、原発事故に対する反原発派の主張は原発ハルマゲドン−原発事故による世界の終末を思わせるようなものでした。日本の国土の半分は人が住めなくなる、原爆数十個分の放射能が撒き散らされ何十万人もの人が死ぬといった、日本が破滅するような予測をしていたのです。

現実に起きたことは少なくともハルマゲドンとはずい分違ったものでした。5万人以上の避難住民の多くは今でも自宅に戻れず不自由な生活を強いられていますが、死者はおろか軽症の放射能傷害さえ一人も出ていません。

広範囲に放射能が撒き散らされた結果、首都圏でも一時放射能レベルが上がりましたが、原発に近い福島県内を除きほぼ平常値に戻りました。相当多数の被爆者(平常値以上の放射能を浴びたという意味では数千万人)はいますが、将来発癌率の上昇が起きるとはほとんど考えられていません。

被害のレベルがこの程度のものだろうというのは、はるかに大量の放射性物質を飛び散らせた1986年ソ連で起きたチェルノブイリ事故を見ればわかるはずなのですが、反原発派は「絶対に起きえない」可能性以外は全て起きると想定して原発の危険を警告してきたので、実際のものと大きく乖離してしまいました。

原発事故が人的被害という点で「喉元過ぎれば」忘れることができるようなものであったのに対し、原発停止の経済的損害は非常に大きなものでした。事故と定期点検のために原発の3分の2が停止したことで心配された夏季の需要ピークは、国民の節電努力と火力発電所を稼働させることで何とか乗り切ることができました。

しかし、各電力会社はコストの安い原発を火力で代替したことで千億円単位の出費増を余儀なくされました。国内の原発を全て停止してしまうと燃料費の増大は現在の化石燃料の価格でも一年に3兆円に達します。電気料金の値上げは避けられないでしょう。

その一方反原発派は「どんな少量の放射能も危険」だという説にこだわります。「危険」と言ったとき「どの程度」か、つまり確率や被害の大きさを抜きに語ることは無意味なのですが、反原発派は「将来発癌して死ぬことがある」さらに「遺伝的影響が何代にもおよぶ」「癌以外にも解明されていないどんな病気になるかもわからない」とまで言います。

つまり反原発派は原発を廃止するための根拠として「どんな微量な放射能も絶対的に危険」だから原発を止めろと言っているのです。

確率を無視してこんなことを言われれば、放射能を完全に除去つまり除染する以外道はないということになります。この除染費用が何と80兆円とか100兆円という数字が飛び交います。こんな天文学的数字は反原発派には「原発の恐ろしさの証明」になるかもしれませんが、普通の人は「誰も死んでもいないのに何かおかしいのではないか」と感じるでしょう。

反原発派は原発を廃止させるために科学的根拠とは遠いところで放射能の危険を煽り続けることでおよそ現実味のない要求をすることになってしまったのです。

反原発派のこんな姿を見ると、安保闘争が思い出されます。日米安保条約に反対した反安保闘争の論拠は「アメリカと軍事同盟を結べば戦争に巻き込まれる」でした。米ソ冷戦下では可能性としては正しい論理です。

しかし安保闘争は「それで日本の安全は守れるのか」と言う問いに対し「共産主義国は侵略はしない」という事実に反する論理で対抗しようとしました。結果的には非武装中立という普通の人には「何かおかしい」と思える政策を掲げるようになってしまいました。

原発をなくすという理屈は非武装中立に似ています。非武装中立は武装は戦争の可能性が高めるだけで、非武装の中立こそ平和を守る最善の手段であるとしたのです。ちょうど自然エネで原発の代替ができるという主張と非現実的なことではよい勝負でしょう。

もちろん原発に反対する人が誰もかれも自然エネで原発を完全に代替できると主張しているわけではありません。火力で原発の代替ができるのだから、無理に危険な原発を使うこことはないだろうと考える人は沢山います。

それでも反原発派の多くが代替手段も関係なく放射能の絶対的危険性(どんな少量でも致命的に危険)を信じ反原発運動を行っているのは間違いありません。信じて運動している人々は自分たちが胡散臭い空理空論に囚われているのではないかと思えれているとは夢にも考えていないのでしょう。

そう言えば3月19日のデモを呼び掛けた大江健三郎氏は一貫して安保条約に反対してきました。小説家としての大江氏は尊敬される存在かもしれませんが、長年の言説は反原発に安保反対と同じ胡散臭さを思い起こさせるものがあります。多分小説家の大江氏には空理空論こそ実体なのでしょう。そして空理空論は現実の前に袋小路に陥らざるえないのです。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  6. 6

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  7. 7

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  10. 10

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。