記事

【都知事選】「250キロ圏内にある原発の廃炉を電力会社に申し入れる」鳥越候補

 鳥越俊太郎東京都知事候補は25日夜、北区の北とぴあホールで演説会を開催。「東京都民の命と安全を守るため、250キロ圏内にある原発の停止と廃炉を電力会社に申し入れる」と宣言した。  

鳥越俊太郎候補
鳥越俊太郎候補

 鳥越候補は、「住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし」の東京の実現に加え、(1)平和を守る(2)憲法を守る(3)非核都市宣言――の3つを公約として掲げるとし、非核都市宣言では、核兵器のみならず原発についても「人間の手に負えないものだ」としてその対象とする考えを明示。「東京都民の命と安全を守る意味を込め、震災に備えて東京から250キロ圏内にある原発の停止と廃炉を電力会社に申し入れる」「東京から250キロ圏内にある東京電力福島第1、第2原発、新潟の柏崎刈羽原発、静岡の浜岡原発の5つは2011年5月に浜岡原発を停止して以来1基も動いていないが、電力不足で困ったことはない。なくても暮らしていける」と宣言した。

 最後に、「私は強い者、権力者の立場でなく抵抗の姿勢で臨む。常に弱い人、困っている人、問題を抱えた人の立場に立ってものを考え行動をしていく」と決意を表明。弱者の目線、視点は他の候補には絶対ないものだと訴えた。

山尾志桜里政調会長
山尾志桜里政調会長

 演説会には、民進党の山尾志桜里政務調査会長、共産党の小池晃書記局長、生活の党の青木愛参院議員、社民党の福島瑞穂副党首らが応援弁士として参加。山尾政調会長は、保育園の待機児童問題を一例に、すでに基礎自治体はプログラムを作っているにもかかわらず「基礎自治体にプログラムを作ってもらう」と言っている増田候補を「私は何もしない路線」、小池候補を「規制緩和、空き家を使う詰め込み保育路線」だと断じ、「今回『待機児童ゼロ』と一緒に『保育事故ゼロ』をしっかりと掲げ、ただ子どもを預ける場所があればいいのではなく、子どもをしっかり安全で安心して預けられる環境が必要だと主張しているのは鳥越さんしかいない。『困った』を希望に変える鳥越さんと、『困った』を迷惑と切り捨てる他の2人とを一緒にされては困る」と鳥越候補への支援を呼びかけた。

 演説会の司会進行は、民進党次期衆院選公認内定候補の北條智彦東京13区総支部長が担当。最後は鳥越候補の必勝を期し、民進党次期衆院選公認内定候補の清水啓史荒川区議(東京14区総支部長)の発声のもと、会場全員でガンバロウコールを3唱。鳥越コールが沸き起こるなか、鳥越候補は次の会場へと向かった。

2階席まで満席の会場2階席まで満席の会場

ガンバロウコール

民進党機関紙局

あわせて読みたい

「鳥越俊太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。