記事

米国人の暮らし向きは悪くなっている? 投資ストラテジストたちのオフ会から

最新の「ファーバー・レポート」では「本当に米国人の暮らし向きは良くなっているのか?」ということが検証されています。

そこではエド・ヤルデニの「概して米国人の暮らし向きが今ほど良いときはない」という主張に対し、マーク・ファーバーの反論が展開されています。

この論争は、ニューハンプシャー州ウィニペソーキー湖畔のボブ・バーレの別荘に毎年著名投資家やストラテジストが集まり、ブレイン・ストーミングをする集いの中から生まれました。

リンク先を見る

今年の主な出席者は、ゲーリー・シリング、フレッド・ヒッキー、ピーター・ブックバーなどです。

その時のエコノミストやストラテジストたちの論争については「ファーバー・レポート」を読むことで「追体験」することが出来ます。

ここでは「個人消費支出の対GDP比を計測する際、そこに医療費を含めるかどうかで、大きく結論が違ってくる」という点だけを指摘しておきたいと思います。

つまり薬価をはじめとするヘルスケア・コストが余りに急騰したため、それがその他の支出項目を押しのける効果を発揮してしまったということです。

ところで、この「発見」をしたのは、地場証券スタイフェル・ニコラスのストラテジスト、バリー・バニスターです。

私事で恐縮ですが、バリー・バニスターとは1990年頃、SGウォーバーグで一緒に仕事をしました。当時彼はキャタピラーなど資本財のアナリストでした。(あんまり儲けさせてもらった記憶はありません)

ま、いずれにせよ「ファーバー・レポート」は相変わらずトーマス・ペイン、ゲーテ、ジョン・アダムスなどの引用がてんこもりになったうえ、グローバル・マクロ投資家の「楽屋落ち」みたいなネタが挿入されており、面白い事この上ないですね。

『ファーバー・レポート』

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。