記事

都知事選1週間、あと10日。~組織vs.個人の構造がハッキリしてきたゾ!

1/2
 都政の一大決戦である東京都知事選が告示されて1週間。

今月31日(日)の投開票に向け、21名の候補者が21局、16万7千人余りの都職員機構13兆円を超える予算を統べる都知事の座に向けて選挙戦があと10日間、届きます。

 お姐は、元防衛相・元環境相の小池百合子候補(64)を全力で助太刀し、ポスター貼り、街頭宣伝、電話かけと都内を駆け回っております。

【小池百合子氏を応援する理由(告示日メッセージ)】
リンク先を見る

■序盤リードの小池候補

 先週末に行われた報道各社の世論調査では、小池百合子候補と野党統一のジャーナリストの鳥越俊太郎候補(76)が競り合い、前岩手県知事の増田寛也候補(64)が追う展開とされています。共同通信社の情勢分析によると、保守分裂で臨む小池候補は自民党支持層の3割強を取り込み、無党派層の3割も支持。一方、増田候補は公明支持層をまとめたものの、自民支持層は3割ほどしか固められず、多くを小池氏が獲得するものとみられています。また、野党統一候補の鳥越氏は民進・共産支持層を6割近く固めたものの、無党派層については、小池候補と激しく競り合っています。

■やっぱり組織頼みの増田候補

 自民党東京都連が中心になって擁立した増田候補は、55年体制を象徴する政界・官界・財界の「鉄のトライアングル」を基盤に選挙運動を展開しているように見受けられます。実際、日中は街頭を歩く一方、夕方以降は個人演説会を3か所程度、開催し、各種団体の動員により、聴衆を集めています。個人演説会に動員をかけ、各種団体ごとに人員を集め、有権者を囲い込むのは、旧態依然とした自民党型選挙の典型的なものです。各種団体は動員力によって選挙への貢献度が評価されるのです。

 一方、増田候補は日中の街頭活動により無党派層への支持を広げていますが、その後ろには必ず、猪瀬・舛添与党だった自民党、公明党の都議や国会議員の姿があります。ボール紙で作られた法定ビラの片面は「増田」とだけ大きく書かれており、このビラを運動員や支援者が増田候補の周囲で大きく掲げ、知名度を上げようとしています。

 この法定ビラは、知事選では30万枚が配付でき、製作費は公費助成されます。増田候補のビラは、本来配付できるA4サイズより小さく、穴あきのボール紙(うちわにも転用できる?)であるため、一般的なビラより製作費は高くなると思われます。また、法定ビラの掲示や回覧は公職選挙法により禁止されています。例えば、法定ビラを不特定多数が見れるように軒先や店頭に張り出すことは、ポスターと同じとみなされるため、できません。

 知事選での法定ビラの配付は、マニフェスト選挙を進めるために、2007年の統一地方選挙から解禁されたものです。本来、政策を周知するための法定ビラなのに、候補者の名前を売るために使われてしまっているのは、残念ですし、違法の疑いもあります。

 このような、グレーゾーンの選挙運動を展開する裏には、政界・官界・財界の「鉄のトライアングル」をバックにし、軽微な選挙違反では立件されまい、との増田陣営・自民党都連の自信が垣間見れるのは、普段から慎重にも慎重すぎるほど、選挙違反をしないよう、神経を遣っているお姐だからでしょうか。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  7. 7

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。