記事

一市民記者を辞任に追いやった「恫喝」と「沈黙」

1/2

 さて、ここ数日のことですが、当ブログにて10年も前にエントリーした記事のアクセスが急上昇しておりまして、どのエントリーかと見てみれば、東京都知事候補・鳥越俊太郎氏に関連する当時のある「騒動」の話なのでありました。

 都知事候補の人となりをご紹介することは有権者にとっても有意義なことでありましょう。

 で、少し登場人物をご紹介。

【登場人物】
・鳥越俊太郎

 オーマイニュース編集長。日本では後発のネットメディア『オーマイニュース』に年俸3000万と言う破格の条件で鳴り物入りで降臨した大物ジャーナリスト。

・増田美智子

 インターネット新聞JANJAN専属市民記者。ライバルサイトの『オーマイニュース』鳥越編集長の単独取材に成功、『鳥越編集長、辞任へ 後任決まらず〜迷走続くオーマイニュース』(2007/01/11)のスクープ記事を掲載するも、当事者の鳥越氏が「記事は事実無言」と一転否定、増田記者は窮地に追い込まれることに。その後記者辞職に追い込まれることになる。

・JANJAN編集部

 日本初のインターネットメディアとして2003年に創刊された『JANJAN』の編集部。

 編集長は元朝日新聞政治部花形記者にして元朝日ジャーナル副編集長の竹内謙氏。編集方針は明らかに「反政府」「反権力」に偏っていた。

・木走正水(語り部)
 インターネット新聞JANJAN市民記者。JANJAN編集部と編集方針をめぐり幾たびか衝突、本件における鳥越氏批判と編集部批判により、JANJAN編集部から「利用規定違反による削除対象」(編集部)と、JANJAN誌上から事実上、出入り禁止を食らう不良記者。

 週末ということもあります、どうか時間のある読者は「読み物」(ただし全て実話)としてお楽しみください。

 2007年1月24日付けエントリーの再掲であります。
 ・・・
 ・・・
[メディア]一市民記者を辞任に追いやった「恫喝」と「沈黙」〜鳥越俊太郎氏とJANJAN編集部は責任を全て市民記者にかぶせるつもりか!
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20070124/1169608510

 オーマイニュース編集長・鳥越俊太郎氏およびJANJAN編集部は、責任を全て一市民記者にかぶせるつもりなのでしょうか?

●23日付けで『JANJAN』編集部に辞表を提出した増田美智子記者と『JANJAN』編集部が没にした増田美智子記者のマボロシ記事の驚くべき内容

 今回の騒動の発端となった11日付けの増田美智子記者によるインターネット新聞JANJANに掲載されたスクープ記事の情報提供者であるジャーナリストの寺澤有氏が、昨日(23日)自身のブログで、「増田氏は本日(2007年1月23日)付で『JANJAN』へ辞表を提出した。」ことを明らかにいたしました。

 増田美智子氏より寄稿された記事を掲載する。本稿は、増田氏が勤務するインターネット新聞・『JANJAN』で不採用とされたものである。増田氏は本日(2007年1月23日)付で『JANJAN』へ辞表を提出した。

(後略)

2007年1月23日 (火)
鳥越俊太郎と盗聴法、共謀罪、『オーマイニュース』(5)
鳥越編集長のウソと恫喝
http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/2007/01/5_656d.html

 併せてインターネット新聞・『JANJAN』で不採用とされた増田氏の記事が掲載されています。

 そこには鳥越氏との再取材時の記者と鳥越氏のやり取りが赤裸々に公開されています。

 全文はぜひあちらにてご一読いただくとして、失礼して当該会話部分を抜粋。

───あの、鳥越さんのですね、『オーマイニュース』の発表を見たんですけども。

鳥越氏:はい。

───あの、私にはですね、あの、私がお電話したときにはですね、今週で辞任するんだけども、まあ実は今日、あの、11日から……。

鳥越氏:そんなことは言ってません。それはあなたが言ったんです。私は13(日)とかそういうようなこと一言も言ってません。それに僕はびっくりしたくらいです。

───はあ、はあ、はあ。

鳥越氏:あなたの方が言ったんです。だから「え? 13日?」。しかも解、事実上の解任というのは、あなたが言ったんです。だから僕はそれを否定したんです。

───ええ、ええ、ええ。

鳥越氏:私は後任を探してるから、後任の推薦はしました、そこまでは言いました。

───ええ、ええ、ええ。

鳥越氏:13日とかね、事実上の解任とかそんなことはね、一言も私から言ってません、そんなことの事実はないわけです。

───はあ、はあ。

鳥越氏:あなたが言ったんじゃないですか。そんなウソ言っちゃだめだよ。

───あの、今週で辞任するけども、その、実は11日……。

鳥越氏:そんなことは言ってません、私は。一言も言ってない。だってそんなこと、ないんだもの。

───はい。

鳥越氏:あなた、あなたの方から、ね、13日という日付を出したんで、僕は「え? 13日? それ何?」って、これ、逆に聞いたくらいだから。

───私に?

鳥越氏:私かあなたか知らないけど、とにかくかかってきた電話に。

───はあ、はあ、はあ。あの、そ……。

鳥越氏:僕はねえ、13なん、13なんてどっから出てきた話か知りませんよ、そんな話は。ないんだからそんな、事実上。

───あの……。

鳥越氏:13日っていうのはそちらの方から電話で言われたので……。

───ええ、ええ、ええ。

鳥越氏:そんなことはありませんと、ね。で、そのとき、「事実上の解任と聞いてます」って言うから、いや、それもありませんと。

───ええ。その、じゃあ、13日(辞任)は否定されたとおっしゃるってことですか?

鳥越氏:否定しましたよ、あたりまえじゃん、そんなものは。ないんだもの、そんなものは。

 鳥越氏は、先の電話取材で私が「13日に辞任するらしいが」と尋ねた際、それを否定したと主張する。そして、私に「え? 13日? それ何?」と尋ねたと言う。だが、先の電話取材では鳥越氏からこのようなことは言われていない。13日辞任を否定する発言もいっさいなかった。鳥越氏が自らの発言をねつ造しているのだ。

 さらに、通話開始から6分が過ぎた頃には、こんな会話が行われた。

鳥越氏:だから、あなた方勝手にね、どっからか情報をねじ曲げてね、辞任、13日辞任とかね、事実上の解任とかね、そんなね、ウソっぱちなことをね、もう、インターネット上に書くからね、インターネットは信用されないんだよ。裏も取らずにね、ウソ、しかもね、言ってもないことを言ったかのようにね。

───ええ(苦笑)

鳥越氏:そんなウソ書いちゃだめだよ。

───あの、呉連鎬(オ・ヨンホ)さん(『オーマイニュース』最高経営責任者)がですね……。

鳥越氏:記者をやってんだったらね、事実ねじ曲げて書くな。腹立つよ、もう。だからインターネットはいつまでたってもねえ、信用されないんだよ。そんなね、いい加減なことばっかり書くから。そうだろ。

───はあ……。

鳥越氏:俺がい、僕がいつ13日に辞任するって、そんなことを言いましたか。言ってない……。

───あの、今週でっていう風に……。

鳥越氏:いや、今週も言ってない。今週も何も私は……。

───ええ。

鳥越氏:そんな、それどころじゃないわけだから。そんなこと。ね。

 鳥越氏はウソを重ねる自身の態度は省みず、私がウソをついていると言い張り、「記者をやってんだったらね、事実ねじ曲げて書くな」と憤る。また、「だから、インターネットは信用されないんだよ」と、およそニュースサイトの編集長とは思えない発言も繰り返した。インターネットが信用ならないのなら、編集長など引き受けなければよいのだ。

 そして、およそ15分間にわたる会話の最後に、鳥越氏は「あなたを訴える」と訴訟をちらつかせ始めた。

鳥越氏:だから、それは訂正した方がいいよ、君。少なくともね。

───ええ。

鳥越氏:13日に僕が辞任するという話、事実、それはありません。

───はい。

鳥越氏:それから僕は事実上の解任されたという話はありません。

───ええ。

鳥越氏:この2点は訂正しないと僕はあなたを訴えるよ。

───はあ、はあ。

鳥越氏:僕の名誉の問題だから。

───ええ、ええ。

鳥越氏:僕解任なんかされてませんから。

───ええ。

鳥越氏:あの、あんまり軽く考えない方がいいよ。

───あ、はい。

鳥越氏:僕もちゃんと弁護士にもう相談してますから。

───ええ。かしこまりました。

鳥越氏:訂正してくださいよ。

───……。

鳥越氏:僕が言ってんだから。事実上の解任とかそういう話はいっさい事実としてありません。

───ええ。

鳥越氏:それから13日に辞任という話はありません。僕はまだ依然として編集長です。

───ええ。

鳥越氏:あなた方、僕は見てないけど、ね。僕の友人の話によると、『JANJAN』で書いてんでしょ、あなたが。

───ええ。

鳥越氏:あなたが書いてるんでしょ。

───そうです。

鳥越氏:じゃあ、あなたに責任があるんだよね。

───ええ。

鳥越氏:だから、もし訴えるとなったら、あなたを訴えるからね。

───そうですね。

鳥越氏:それはちゃんと、覚悟して書いてくださいよ。

───ええ。

 この会話が事実だとすれば(私はおそらく増田氏は前回のインタビューも今回のこの会話も、しっかり電子媒体に録音していると確信を持っていますが)、鳥越俊太郎氏の発言はまさに一市民記者への「恫喝」と判断されても仕方ないひどい内容であります。

あわせて読みたい

「鳥越俊太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  7. 7

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  8. 8

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  9. 9

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。