記事

トランプ夫人が初の政治演説、夫のイメージ改善図る

[クリーブランド 18日 ロイター] - 米大統領選で共和党の候補に指名されるドナルド・トランプ氏の妻であるメラニア夫人が18日、当地で開幕した共和党大会で初の政治演説を行った。夫人はトランプ氏について、才能と思いやりがある不屈の指導者だと表現し、大統領に当選すれば、国家を分断するどころか団結させるだろうと述べた。

スロベニア生まれの宝石デザイナーで、元モデルでもある同夫人は、夫から短く紹介された後に登壇。「私はドナルドと18年連れ添っている。最初に出会ってからずっと、彼の愛国心を知っている。必要なときは断固たる姿勢を見せるが、親切で公平で思いやりのある人」と語った。

さらに「ドナルドは、すべての米国人の繁栄を望んでいる」と述べた。

トランプ氏は、イスラム教徒の入国禁止や未登録の移民数百万人の国外追放などの政策を打ち出し、偏見に満ちた無神経な人物と批判されることが多い。夫人の発言はこうしたイメージの払しょくを図ったとみられている。トランプ氏はまた、女性や政敵、ジャーナリストらへの侮辱的な発言でも批判を浴びている。

ただ、15分近くにおよんだ演説の中で、家族の価値に言及した部分が、2008年にミシェル・オバマ大統領夫人が民主党大会で行った演説に非常に似ているとの指摘が出ている。

トランプ氏陣営のコミュニケーション・アドバイザーは、演説は成功だったとしたが、メラニア夫人のスピーチライターがどこかから借用した言葉を誤って挿入した可能性があると指摘した。同アドバイザーは「メラニア夫人の美しい演説を原稿にした際、彼女のチームのライター達が彼女の人生に関するインスピレーションについてノートを取ったが、彼女自身の考えを反映していると思われる言葉を断片的に挿入した」とするコメントを発表した。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。