記事

政策論争のあるべき姿について

都知事選挙において、後出しじゃんけん戦略や告示2日前表明等により、各陣営の準備不足が指摘されていますが、告示日数日前に決断したというのは、実は事実と異なります。なぜな ら、告示日当日には都内全域とまではいかなくても、少なくとも府中市の掲示場には主要3候補のポスターが揃っていました。
ポスターが貼られるまでには、写真撮影、キャッチフレーズ決定、デザイン決定、印刷、そして都内1万4000ヶ所以上の掲示板場への貼付手配という過程が必要であり、これをほんの数日間で行うのは不可能であるため、実際に出馬の決断をしたのは世間で思われているよりは前です。
それにもかかわらず、政策が告示日に完成していないことは論外ですし、たとえ告示日には完成していても、ほんの数日とか数週間前に初めて表明するというのは極めて疑問です。本当に東京都を良くしたいと常々考えていたのであれば、政策なんてとっくの昔に完成しているはずです。
参院選での政策の表明を公示日1ヶ月前に行った私が言えたことではありませんが、それでも政策自体は3年半前に骨子を作り、それから3年かけて練ってきました。
そもそも選挙期間が短すぎるのも問題です。アメリカ大統領選挙のように長い選挙期間を経ることで、各候補者の良いところも悪いところも明らかになり、有権者は確信を持って投票することができます。たった17日間の選挙戦、しかも数日前の出馬表明では、判断しようがありません。

あわせて読みたい

「都知事選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  8. 8

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  9. 9

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。