記事

小池百合子候補の「コミケ応援宣言」、その真意は?表現の自由について直接聞いてきた

1/2

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

選挙戦も4日目に突入しましたが、「選挙カーの音が小さすぎて、せっかくなのに聞こえない…!」という声にお応えするため、渡辺よしみ氏なども使っていた通称「金魚鉢」こと、ガラス張りの選挙カーが本日から投入されました。

画像を見る

@豊洲ららぽーと前。

動員なしで、ものすごい聴衆の数!

画像を見る

マイクを握るのは、若狭勝衆議院議員(自民党)。

除名覚悟で、真っ先に小池百合子指示を表明した男の中の男です。

画像を見る

豊洲は私の第二の故郷(妻の選挙区)ということで、マイクを握ってのお訴えもさせていただきました。

さてそんな中、本日ネット界隈を賑わせたのはこちらのツイート。

(左にいるのは豊島区の高野区長という…若い!)

この突然の「コミケ応援宣言」に、

「小池百合子は、表現規制派じゃなかったのか?!」
「ヲタク票を見込んでの突然の転身?」
「いい顔を見せながら、自分たちに都合が良い『規制』はする気では?」

等など、様々な意見が飛び交っています。

こうした「表現の自由」についてどのように考えているのかをお聞きし、議論をさせていただきました。

小池百合子候補は

表現規制派と言われることは極めて遺憾。創作活動は自由に、大いにやってもらいたいと思っている。私だってアニメは大好きで、毎年コスプレもしてる」
(という話から、先のツイートに多分つながった)

「ただその中には、あまりにも目に余るものがあることは事実。それが子どもたちに無制限に届くような状況には、何らかの対策が必要ではないか

というのが大筋のご意見でした。
これは政治家としても、あるいは世間的にも「一般的」な考え方だと思います。

そこで私からは、まさにその「何らかの対策」という部分にこそ多くの人びとの危機意識と論点があるのだという点を説明させてもらいました。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。