記事

金正恩氏の「刑務所送り」をねらうアルゼンチンの弁護士

画像を見る

金正恩氏

国連人権理事会は8日、新しい北朝鮮人権報告者に、トーマス・オヘア・キンタナ氏を任命した。任期は8月1日からの1年間で、最長6年まで延長できる。キンタナ氏は2014年まで6年間、ミャンマー人権特別報告者を務めた実績があり、今回も長期間の活動が予想される。

飛行機から突き落とし…

前任の特別報告者でインドネシアの検事総長出身のマルズキ・ダルスマン氏は、国連の「北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)」の設置と、2014年2月のCOI最終報告書公表を主導。北朝鮮における凄惨な人権侵害の実態を世界に知らせた上で、金正恩氏ら国家指導部に対し「人道に対する罪」を問う法的プロセスの端緒を開いた。金正恩体制にとって、憎んでも憎みきれないほどの仕事を成したと言える。

(参考記事:金正恩氏は「人道に対する罪」で破滅の瀬戸際にある

後継者となったキンタナ氏は今後、どのような方向性を持って活動を行っていくのだろうか。韓国メディアが報じた彼の経歴の中に、ヒントがあるように思える。

アルゼンチンの人権派弁護士であるキンタナ氏は、同国の民間団体「5月広場の母たち」の活動に関わってきたという。

アルゼンチンでは1976年から1983年にかけて、軍事政権が「汚い戦争」と呼ばれる反体制派・民主派の弾圧を繰り広げた。労働組合員や学生、ジャーナリストを逮捕もしくは拉致し、拷問の末に飛行機から突き落とすなどして殺害したのだ。死者・行方不明者の数は3万人に上るとも言われる。

拷問と処刑

「5月広場の母たち」は、このときに行方を絶った家族を探す人々の団体で、弾圧の真相究明も求めて活動してきた。そして、弾圧を主導したホルヘ・ラファエル・ビデラ元大統領は2010年に「人道に対する罪」を犯したとして終身刑の判決を受け、2013年5月17日に獄死した。

キンタナ氏はこうした歴史の中に身を置いてきただけに、北朝鮮国民がささいな「罪」によって裁判なしで送り込まれ、凄惨な拷問や公開処刑により殺されている政治犯収容所の、いっそうの実態解明に乗り出すのではないだろうか。

(参考記事:「ポルノ見て乱交」で収容所送りも…恐ろしい北朝鮮の風紀取締り

また、金正恩氏が登場する以前に行われた、国民弾圧や虐殺の証拠集めも期待される。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「人道に対する罪」の実態

そうすることで、金正恩体制の「人権犯罪者」たちを刑務所送りにする日を引き寄せてもらいたい。いずれにせよ、国民への人権侵害を続ける北朝鮮の指導部への追及は、強まることはあっても弱まることはないのである。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。