記事

「ダブルB」から「シングルM」へ1 森林とCO2

福島原発事故は、1)私たち大人の責任であり、2)子供たちが被曝した、という点では、その原因を求めて直しておくのは、これも大人の責任でしょう。

福島原発事故のもっとも大きな原因は、日本社会、または日本の大人の行動が「ダブルB(ダブルバインド)性」が強く、日本人の意思や心が「シングルM(シングルマインド)」(裏表ナシ)ではなかったことと思います。そこで「批判ばかり(ダブルBを批判する)」だけではなく、これからは「前向きに(シングルMを具体的に)」書くことにしたいと思います。

第一回目は、もっとも優しいダブルBで、日本の大人の幼稚性に基づくものを取り上げ、原発ばかりの話題をしばしの間、忘れたいと思います。

・・・・・・・・・

日本の環境専門家は次のように言います。

学問的研究会「森林はCO2(二酸化炭素)を吸収しません」

ホームページ「森林はCO2(二酸化炭素)を吸収します」

その心は  「ウソを言って補助金を貰います」

・・・・・・・・・

樹木はCO2を吸収して体を作ります。そして死してCO2を微生物が分解して自然は「持続性」を保ちます。森林は今日、誕生する樹木もあれば、今日、朽ち果てる樹木もあります。森林は増やし続けることもできません。

このような国民の「幼児性」と指導者の「不誠実」が福島原発事故を招きました。

首相、知事、市長「原発は安全です」

立地委員会   「原発は危険だから僻地、海岸に作ります」

その心は    「ドイツに美味しいワインを飲みに行きたい」

私は日本人として恥ずかしい。シングルMにする方法は簡単です。1)温暖化は日本は歓迎、2)日本は海に囲まれているから気温は変わらない、3)もし気温が変わるとしたら中国とアメリカだがCO2の削減はしていない、4)「森林はCO2を吸収する」というウソを止めてシングルMで行く、5)景気は良くなり若者の就職率はあがる、6)暗い昼休みは終わりになる、7)特に東京の人は森林もないのだし、気温も3.5℃も上がっているのだから黙る。

シングルMの誠実は社会を子供たちに引き継ぎたいと思います。瀬戸内海に浮かぶ大三島にいると心は綺麗になり、日本人のルーツ、素朴な心、美しい海、人情溢れる人々、私たちが忘れたものを思い出します。今日は、講演に疲れてすぐ寝たいと思ったのですが、この大三島の自然が私に呼びかけています。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  9. 9

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    意外に多い「やり過ぎ感染対策」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。