記事

天皇の生前退位は憲法違反? という政府高官の詭弁 改めて退位の自由を求める

今上天皇が退位を表明されていますが、皇室典範の改正が必要ということになります。
 皇室典範には生前の退位についての規定がないというのがその理由ですが、そもそも天皇自身が退位したいというのに、法の規定がないから退位できないというのも不合理といえば不合理です。
 天皇の意思が一切、考慮されないということになりますから、天皇の人権はどうなるのかとうことです。

 象徴天皇制、世襲制という特殊な地位から天皇には憲法上の基本的人権の適用は制限を受けるとされていますが、とはいえたまたま皇室に生まれたというだけで、かかる差別的処遇を受けなければならない合理的な理由はありません。

 皇室典範の改正の要否はともかく、憲法上、生前の退位は無理とする政府高官の発言が報じられています。
政府関係者「天皇陛下の生前退位は無理」」(日本テレビ2016年7月15日)
「陛下の意向があると報じられる中で、皇位継承について定めた皇室典範を変えることが、天皇の国政への関与を禁じた憲法第4条に抵触する可能性を念頭に置いたものとみられる。
 また、「生前退位」という制度を設けることと、摂政を置くことを定めた憲法第5条との整合性を問題視しているとみられる。」

 天皇が発言したから、皇室典範を改正するとなると、天皇の発言が政治性を帯びるということになるという理屈のようです。
 そればかりでなく天皇が自らの意思で退位ができるとなれば、その退位という行為によって政治的影響が出ることも否定できないことになります。
 時の政権による政治利用も考えられます。皇太子を即位させ、お祭りムードを作り上げるというようにです。
 生前退位であれば、お祭りムードにすることがやりやすくなるからです。

 天皇を特別な地位に見立てたいとする保守・反動勢力は、これを許さず、天皇を祭り上げたいという勢力もあります。こういった勢力は生前の退位などもってのほかと考えているようです。

 すごい上から目線!

 生前退位を認めない皇室典範自体が人権上も問題なのであり、天皇の発言はきっかけに過ぎず、改正の契機とすること自体、何ら問題はありません。天皇の退位の希望が政治的発言とは言い難いからです。
天皇の退位の自由の次は、皇室離脱の自由の保障だ、天皇の言葉の政治利用を考えながら

 天皇の退位による政治的影響についても、天皇が右向けといえば、政治家が右を向くようでは、天皇の権力が助長されることになり、当然、現行憲法は禁じていますが、退位は、皇室のあり方の問題にすぎず、やめたいという意思まで無視しうるものではありません。
 憲法上は、国民の総意に基づくとある以上、皇室典範の改正により退位を認めるのであれば全く問題はありません。
 政権による天皇の政治利用は、憲法上も禁止されていますから政治利用に関する責任は内閣が負うことなります。

 なお憲法に摂政の規定があるから退位ができないというのは詭弁の類です。
 摂政を置くか退位するかは単なる選択の問題に過ぎないからです。
 今後は、退位の自由を認め、そして皇室離脱の自由こそ認めていくべきものです。

 それにしても摂政とは聖徳太子を彷彿させますが、このような規定はあまりに時代がかっています。
 右翼が喜びそうですが、自民党の三原じゅん子議員は神武天皇は実在しているとか発言したそうですが、身の毛がよだちます。
三原じゅん子氏「神武天皇は実在の人物」と認める 池上彰氏が質問(参院選)
「(池上)――神武天皇は実在の人物だったという認識なんでしょうか?
(三原)そうですね。いろんなお考えがあるかもしれませんけど、私はそういう風に思ってもいいのではないかと思っています。」

 元号はおろか皇紀をつかって喜んでいる議員もいました。山谷えり子氏です。
「「○山谷えり子君
 今年は平成二十三年、西暦二〇一一年ですが、皇紀何年でしょうか。
○国務大臣(枝野幸男君)
 存じ上げません。
○山谷えり子君
 神武天皇様が御即位なさってから、今年は皇紀二千六百七十一年。」」
「建国記念日」に安倍総理がメッセージ どこまで右転落していくやら

 皇紀なんて論外ですが、元号も頻繁に変更されても不便この上もないものです。
 世界に通用しない元号など廃止し、西暦で統一すべきです。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。