記事

なぜ教員を続けるのか――沖縄の非正規教員の語りからみえてきたもの 上原健太郎 / 教育社会学

1/3

非正規教員が増加している。

2014年7月6日付の読売新聞(朝刊)では、各地の公立小中学校で非正規教員が増加し、約12万人と全体のおよそ16%を占めていることが報じられた。まさに、6人に1人が非正規の教員である。

なぜ、非正規教員(注1)が増加しているのだろうか。詳細な説明については、拙稿「正規教員を目指すことはいかにして可能か——沖縄の非正規教員を事例に」(2016、『都市文化研究』Vol.18、pp.71-83)をご参照いただきたいが、ここでは、その問題を端的に言い表した次の金子真理子(2014:45)の指摘を引用しよう。

教員給与制度改革の経緯を振り返れば、地方の財政状況の悪化のなかで、予算を縮減しながら効率化を図ろうとする思惑が見えてくる。ここには、正規教員の仕事を非正規教員に代替させる搾取の構造が見え隠れする。

財政的な事情により生み出された非正規教員。となると、教員志望の若者のキャリアにも当然それは影響してくる。

舞田敏彦(2013)によれば、地域差はあるものの、全国的な傾向として

(1)教員の非正規化

(2)教員採用試験の難関化

(3)新規教員採用の高齢化

が確認できるという。その上で舞田は、「新卒」ですぐに採用されるのではなく、非正規教員として働きながら採用試験に複数回トライする「浪人組」の存在を指摘している(舞田 2013:275-6)。

それでは、「非正規から正規へ」というキャリアパターンを歩もうとする教員志望者は、具体的にどのような状況に置かれているのだろうか。本論では、沖縄の若者に対する聞き取り調査のデータをもとに、非正規教員の現状についてみていきたいと思う。

というのも、沖縄の学校現場で働く若年教員の多くが、卒業後しばらくの間、非正規教員として働きながら正規教員を目指すのだ。学校教員基本調査(2013年度)の最新のデータをみると、公立小学校の新規採用教諭の69.0%が「25〜34歳」であり、そのうちの77.7%が採用前の状況を「既卒」と回答している(全国はそれぞれ38.0%、48.9%)。また「既卒」の内訳をみると「非正規教員」(注2)が80.0%を占めている(全国79.9%)。

つまり、「非正規から正規へ」というキャリアパターンを考える上で、沖縄の若者はふさわしい事例であると言える。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。