記事

皇室典範の本質を観よ

 この度、天皇陛下の、生前退位の報道が騒々しく飛び交い、あたかもこの問題が、国会で議論して決定される単なる「法律改正問題」であるかのように扱われているので、一言申しておきたい。

 本来、皇室典範とは、明治二十二年二月十一日、「大日本帝国憲法発布の勅語」と同時に発布された「皇室典範制定の勅語」によって明らかにされた「皇家の成典」である。
 その勅語に次のように述べられている。
 天佑を享有したる我が日本帝国の寶祚(ほうそ)は、万世一系、歴代継承し、以て朕が躬(み)に至る。
 惟ふに祖宗肇國(そそうちょうこく)の初(はじめ)、大憲一たひ定まり、昭(あきらか)なること日星の如し。
 今の時に當り、宜く遺訓を明徴し、皇家の成典を制立し、以て丕基(ひき)を永遠に鞏固にすへし。
 ここに枢密顧問の諮詢を経、皇室典範を裁定し、朕が後嗣及び子孫をして、遵守する所あらしむ。
 以上が本来の皇室典範である。
 即ち、皇室典範とは、神武創業以来明らかに定まっている皇家の遺訓を成典にしたものである。
 従って、本来、皇室典範は、「法律」ではなく「皇家の成典」つまり「天皇家の家訓」である。
 しかるに、この皇室典範が、当時我が国を占領統治していたGHQの強い意向により昭和二十二年、国会で法律として制定されたのである。
 ここにおいて、皇室典範は、本質は、皇紀とおなじ二千六百七十六年の歴史を貫く「皇室の家訓」であるが、形式は、「法律」として存在しているということになる。

 では、我らはこの「皇室典範」を、「皇室の家訓」として扱うべきか「法律」として扱うべきか。
 私は、その本質に即して「皇室の家訓」として遇し、単なる「法律」として扱ってはならないと考えている。
 従って、天皇を廃止することによって日本を解体しようとする共産党や尊皇の思いを全く有しない徒党を含めて、天皇陛下の生前退位及び皇位継承の問題を、単なる「法律問題」として「国会で議論して決めようとする現在の風潮」に異議を投げかける次第である。
 
 安倍内閣総理大臣や内閣官房長官は、天皇陛下の生前退位に関し、「コメントを控える」という態度をとっているが、これが現在、妥当な態度である。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  2. 2

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  4. 4

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  6. 6

    経済回復は過剰な恐怖払拭が必要

    先見創意の会

  7. 7

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  8. 8

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  9. 9

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  10. 10

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。