記事
  • LM-7

そろそろ元号は廃止してはどうか?

天皇陛下が生前退位の意向を関係者に伝えられているということで、俄に新元号が話題になっている。明治、大正、昭和、平成と同様に漢字二文字で、かつ、頭文字がM, T, S, Hと被らないようにする事等が最低条件であり、いざ事が具体化すればプロセスに則って粛々と決められていくことだろう。

しかし元号の利用には次に上げるようなデメリットが存在する(元号 - Wikipedia)。

  • 西暦との換算が面倒で間違いの元ととなる。
  • 西暦には終わりがないが元号は天皇の崩御を機に変更されてしまう。
  • 元号より前の過去を表現する紀元前N年といった表記ができない。
  • 未来を表現できない。平成40年としても、そこまで平成が続くかどうか保証はない。
  • 外国人には通用しない。
  • 西暦の1年に対し、複数の元号が対応する場合がある。昭和64年と平成元年など。
  • 元号の修正のたびに各種印刷物等の修正費用がかかる。費用の観点から古いまま放置されるケースもある。
  • 年度の区切りが改元の区切りと一致せず、改元後年度の終了日までの呼称は旧元号を利用することになるため混乱を生じる。
  • 日本史の学習者が覚えることが増える。
  • コンピュータシステムの修正が大変(「天皇陛下が生前退位の意向示す」と聞いて震え上がるエンジニアたちの悲鳴を御覧ください - Togetterまとめ)。

そこで、暴論なのは承知だが、日本独自の元号は平成で廃止し、以降西暦のみを利用するという方法はどうだろうか。たとえば、平成は平成30年12月31日をもって終え、翌2019年1月1日より、西暦のみを用いることとする。そもそも元号で表せる年はすべて西暦で表わすことができるのだから、暦上の年数を表わすという意味においては不都合はない。上述の不都合を一掃できるという多大なメリットを享受することができるのだ。



公文書等、元号を用いることが慣例になっているものは西暦に移行すれば良いし、どうしても元号が必要ということであれば、新元号を西暦としてしまえば良い(ただし元年から始めず、2019年などの適切な初期値を設ける)。Sが昭和とかぶるけど。

もちろん、日本の伝統や天皇制にこだわりを持つ方々の強固な反対があるだろうが、個人的にはそうした文化的価値にこだわって不合理を続けるよりは、合理的・効率的な運用の方が好ましいと感じる。

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  2. 2

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  3. 3

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  4. 4

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  5. 5

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    バイデン政権「移民危機」に復権のチャンスを窺うトランプ派 - 村山祐介

    新潮社フォーサイト

    04月19日 17:35

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。