記事

アングル:英商用不動産、買い手は「ブレグジット条項」活用

[ロンドン 11日 ロイター] - 英商用不動産市場では、買い手が売買契約に盛り込まれた「ブレグジット条項」をテコに、より有利な条件を獲得しようと画策している。

市場では国民投票前に、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった場合に買い手に契約の解消を認める「ブレグジット条項」を売買契約に盛り込む動きが広がった。

こうした条項の普及の度合いははっきりしないが、国民投票で離脱派が勝利したため、一部でこの条項が行使されている。

法律事務所アーウィン・ミッチェルのポール・フィルス不動産部長は「(同社では)少なくとも3件の例がある」と話す。

一部の投資家は、物件を巡る再交渉の際にブレグジット条項を活用して有利な条件を売り手から引き出そうとしている。

売り手と買い手の話し合いは、ブレグジット条項が行使される前に行われるケースのほか、契約が解除された後で非公式に行われる場合もある。

法律事務所アレン・アンド・オーバリーの不動産グループの責任者、イモジェン・モス氏によると、ブレグジット条項の有効期間は非常に短く、5日ないし10日に設定されているのが普通。

モス氏によると「買い手がこの条項の権利を行使したとしても、売り手との話し合いが終了するとは限らない。価格を巡って交渉が続き、少し条件を変えて成約に至る場合もある」という。

投資家の間では、ブレグジット条項行使の有無を判断するまでの期間を延ばそうとする動きもある。

法律事務所K&Lゲーツの不動産パートナー、メラニー・カーティス氏によると、同社の顧客である海外の買い手はまだブレグジット条項を行使していない。しかし顧客は市況が改善するかどうか、資金調達でより有利な条件で合意できるか見極めるため、同条項を行使するかどうか決める期限を6週間延長するよう求めており、交渉中だという。

(Ana Nicolaci da Costa記者、Esha Vaish記者)

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  8. 8

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  9. 9

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。