記事

大魚を逸した自民党

政治評論は好まないがこれだけは言っておきたい。

今回の参院戦では、舛添前都知事“事件”を公明正大に処断できなかった自民都議連と、それを指導できなかった自民党本部のせいで、憲法改正に直結する単独過半数を取れなかったのは実に遺憾であった。またまた“与党”との駆け引きが憲法改正の足を引っ張るだろうからだ。「大勝」どころか大魚を逸したのである。


舛添前都知事を議会でおざなりに“追及”した自民党議員のだらしなさに、都民の多くは「蔭に何かある」と感じたはずだ。つまり議員ら自身の自己保身である。同じ穴のムジナじゃないのか?と。

[画像をブログで見る]

≪不明朗な舛添”事件”=未解決は許せない!:産経から≫

その結果、給与を返上すると自ら言い出した“彼の申し出”を無視したばかりか、莫大な退職金まで支払う羽目になり、納税者の怒りを買ったのだ。

彼らは舛添追及が自らへのブーメラン、「藪蛇」にならぬよう配慮したのだ。

その影響で今回、勝てるはずの自民党議員が涙をのんだのは、ある意味有権者はよく見ているということを示している。つまり今の現職議員らがいかに“独りよがり”で、自己保存術に長けているかを感じたのだ。だらしない自民党に対する批判票が野党に流れたのだろう。

その点で、憲法改正を党是とし、その目的を完遂しようとしていた安倍首相の足を党が引っ張ったといっても過言じゃなかろう。


野党に3年3か月政権を担当させては見たものの、口先ばかりで全くその力がないことを国民は見抜いたから信用していないが、私にはこの程度のリーダーが跋扈できる民主主義社会というものが実に不気味である。

自民党は都知事選でも混乱していて、自ら前都知事の不明朗な点を追求しようとした≪ジャンヌダルク≫を毛嫌いし、東京都民から1兆円以上もの都税を流用する仕組みを作ったとされる別の国会議員を擁立した。利権保護のにおいがする…。


今回も自民党に“ねじれ現象”が生じたのは、責任者が優柔不断であることをいいことに、その陰で甘い蜜にすがる既得権擁護に走った連中の姿が見え隠れしている。

一部のメディアは≪ジャンヌダルク≫を「政界の渡り鳥」と評するが、対立候補もそれに劣らぬ“渡り鳥”だったことは、インターネット上で岩手の大物にすり寄ったかと思えば、袖にした経緯を見れば明らかだろう。要するにご都合主義なのである。

責任政党が、こんな信念のない選挙活動を展開していれば、我々都民のリーダーがどこかのパンパカパ~ンのようなトンビにさらわれる危険さえある。


退官後間もなく、ある副大臣に乞われて議員会館で「防衛」について話をしたことがある。全くの防衛素人たちだったから苦労したが、質疑で「先生、自衛隊では選挙についてどう指導しているのか?」と聞いた自民党議員がいた。

票がほしいのだろうが、どこかの団体のように自衛隊では「だれに入れろ」などと指導などできるわけがない。

≪全くの個人の意思だが、茶飲み話の中などで聞かれれば「日本人は急激な改革を好まない。だから戦後は安定した保守政治が続いてきたのだ。“腐っても鯛”ということだろう、と私は話すことにしていた。しかし退官した今は自民党はタイどころか“腐ったイワシ”だったと気が付いた≫

といったところ、しばし沈黙の後件の議員がこう言った。

「先生、今じゃイワシは高級魚だ!」

途端に会場は爆笑に包まれたが、その程度の意識の低い“軽い”連中の姿を見ながら私は、これが政治家の実態であり、腐敗しきっている!と悟ったものだ。

現代は“保存技術”が発達しているから、連中は腐敗に気が付かないのかもしれないが、少なくとも≪賞味期限≫はとっくに切れていると認識したものだ。

情けなかったのは、そんな腐ったイワシにわが身を預けなければならないという戦後民主主義制度の堕落である。


今も、己の実力を知りもしない連中が、人気投票と勘違いして恥をさらしているが、このあたりで前知事にひどい目に遭った我々都民は、思い知らせてやるべきではないか?と思う。


さて、隣国では国家崩壊の兆しが顕著になり始めている。

愛読書である「中華帝国の興亡(黄文雄著)PHP」には、「中華帝国歴代王朝の崩壊期によく見られるのは、山河の崩壊、つまり自然環境の悪化から社会環境の悪化が起こり、それが連鎖的に拡大再生産を繰り返し、旱魃、疫病、飢饉、流民の大噴出、戦乱の激化、そして帝国が崩壊するというパターンである。勿論その自然と社会の連鎖的崩壊の背後には、気候の変動以外に温暖期による人口の急増と自然に対する過剰開発があった。その自然と社会の連鎖的大崩壊は秦末、漢末にすでに見られ、それ以降、歴代王朝の末期には連鎖的に昂進していく。そして自然と社会の崩壊と再建によって、人口の激減と激増が繰り返されるのである」と書かれている。

今、大陸を子細に観察してみると、その現象が起き始めていることがよくわかる。

[画像をブログで見る]

≪長江流域で過去最大級の洪水発生の恐れ 非常に深刻な状況(2016/07/10)=写真は水没した武漢市=大紀元日本から≫


環境を破壊して建設した三峡ダムが決壊すれば、壊滅的な惨事となるだろう…。

別の「人為的混乱」と言えば戦乱だが、今朝の大紀元日本に注目すべき記事が出た。

 すでに数年前から私がここに書いてきていたからご記憶の読者のおられるだろう。日本のメディアは何を恐れてか全く報じてこなかった「胡錦濤暗殺未遂事件の詳報」だが、今頃急にこれがインターネットで閲覧できるようになったことの方が意味深長である。次は習王朝崩壊か?

しかし彼は人民の目をそらすために、南シナ海か東シナ海あたりで軍事的行動をとりかねない。もとより彼の指示で動くこともあるが、“他の勢力”が引き起こすことも考えられる。

「選挙」に浮かれていると、気が付いたらどこかの島が「占拠」されていた!ということになりかねない。

自衛隊、海保、警察など治安維持関係者はゆめゆめ油断なさらぬように願いたい。

大紀元日本の記事を添付しておくので、良くご覧あれ。

[画像をブログで見る]

≪衝撃的「胡錦濤暗殺未遂事件」を検索大手一時解禁=大紀元日本から≫

●内部崩壊が進む中国(大紀元日本)

2016/07/11 17:00

≪中国国内インターネット検索エンジン最大手の百度はこのほど、いわゆる「敏感単語」の表示制限を一時解禁した。それによって、中国共産党内の権力闘争や江沢民派閥が主導した胡錦濤・前国家主席への暗殺未遂事件の詳細記事が突然出現した。

 7月7日、百度でキーワード「刺胡事件(胡錦濤暗殺事件)」を入力して検索すると、検索結果にまず最初に現れたのは、「刺胡事件深度揭秘,事件内幕让人震惊!(胡錦濤暗殺事件を暴く、驚きの事件真相!)」、と当局にとって敏感な内容になっている。また、「黄菊自杀真实内幕 黄海刺杀胡事件(黄菊氏の自殺真相、黄海で胡錦濤暗殺事件)」など、2007年に亡くなった黄菊・元中央政治局常務委員の死因が胡錦濤暗殺事件と関係する内容の記事タイトルが相次いで現れた。

 今月末から来月にかけて開催予定の最高指導部会議「北戴河会議」を控えて、胡錦濤・習近平派閥のメディアを通じた江派閥への牽制攻撃とみられる。

 ブログ記事の「刺胡事件深度揭秘,事件内幕让人震惊!(胡錦濤暗殺事件を暴く、驚きの事件真相!)」は、中国国内情報サイト「百山探索」が今年1月15日に発表した内容だ。

 記事内容によると、2006年5月中国黄海で、胡氏が海軍の北海艦隊視察の際、2隻の軍艦が突如胡氏が乗艦している旗艦に発砲。攻撃を受けた旗艦側は士官5人が死亡、旗艦は直ちに猛スピードで演習海域を離れ、胡氏は艦載ヘリで命からがら脱出したなど事件の詳細や、胡氏に対するその他2回の暗殺未遂事件が暴露されている。また、同記事によると、江派閥の黄菊氏、陳良宇などの指導部高官らが公然と、胡錦濤氏、温家宝氏と対立していたという。

 時事評論員の邢仁濤氏によると、胡氏と温氏は江派閥が行ってきた法輪功愛好者への迫害に対して以前から反感を持っていた。2006年江派閥による法輪功愛好者への「生体強制臓器狩り」が国内外で報道されたことで、法的追及を恐れた江派閥が胡錦濤政権を倒し、再び政権を握ろうとして暗殺を企んだと分析する≫

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  2. 2

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  5. 5

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  6. 6

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  7. 7

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  8. 8

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。