記事

農業を保護するか、子供を守るか?

福島原発事故以来、日本の農業や農業関係者が「食べる人より、作る人」だけが視野に入っていることがハッキリした。私が「セシウムを含んだ食材は捨ててください」というと「あんなに苦労して作っているのになんということを言うのか!」とお叱りを受ける。

そういうなら「放射性物質を含む食材を食べさせられる子供はどうでも良いのか!」と反論したいところだ。

これまで、農業の人は自分の儲けだけを考えて、消費者の健康は第二、第三だったということも、哀しいことに事実のようである。

・・・・・・

その典型的な例が牛乳や粉ミルクだった。何しろ飲むのが赤ちゃんだからヨウ素やセシウムが入ったものを食べさせてはいけないことはわかっている。そして福島原発事故以来、食材のそれらが入っていないかどうか多くのお母さんが心配していることも承知だ。

それでも、断固としてベクレルを表示しなかった。ところが、8月26日、つまり事故から5ヶ月後になって、日本乳業協会が「乳児用調製粉乳の放射性物質検査結果について」というのを公表した。

http://www.nyukyou.jp/topics/20110826.html

まずは一歩前進だろう。次には牛乳のベクレルを表示することだ。数値を示さずに「安全です」と言っても、それが1年1ミリに相当するのか、1年20ミリを基準にしているのかわからない。

何しろ、政府が子供に1年20ミリ(レントゲンを1年に400回)の基準を設け、食材の暫定基準値は世界的に飛び抜けて高く、さらに「暫定」と言いながらいつまで続けるかもなんとか誤魔化そうとしている状態だから、「安全」では「安心」できないのは当然だ。

もしベクレルが表示されれば、たとえば1キログラム20ベクレルならそれを100で割れば直ちに1年間に0.2ミリシーベルトの内部被曝を受けることがわかる。

まあ、一応の前進である。

(注)ミルクの公表データのあるページは読者の方に教えていただきました。ありがとうございました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    ひろゆき氏「政治家が幸せになりたいだけ」議員定数は増やすべき? 稲田朋美氏と議論

    ABEMA TIMES

    01月18日 09:12

  4. 4

    国民の声に耳を傾けるといいつつ、真相解明求める森友問題等への言及ない岸田首相

    塩川鉄也

    01月18日 10:04

  5. 5

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。