記事

弁護士ドットコムの事業戦略

リンク先を見る
講師:元榮太一郎氏(弁護士ドットコム株式会社 代表取締役社長兼CEO)

■弁護士数の急増

司法制度改革により、司法試験の合格者数は年間2000人以上となっている。弁護士数は急増しており、日本において数少ない成長市場のひとつといえる。しかし、弁護士の急増は、競争状況を生み出し、弁護士にもマーケティングの導入が必要となっている。そんな業界で、弁護士と一般ユーザーのマッチングサイトを運営し、東証マザーズ上場を果たしたのが弁護士ドットコムである。弁護士であり、起業家でもある元榮太一郎氏に戦略を聞く。

■弁護士を身近なものに

元榮太一郎氏が、弁護士という仕事の素晴らしさを知ったのは、学生時代、交通事故の示談交渉について相談したことがきっかけだった。知識がないために泣き寝入りしてしまう人を救うことができる仕事だと悟った。自らが弁護士になった後も、一般人にはまだまだ敷居の高い弁護士という存在をもっと身近なものにしたいという思いがあり、引っ越し業者のマッチングサイトにアイデアを得て「弁護士ドットコム」を立ち上げるに至った。しかし、弁護士にマッチングサイトという形態は馴染みがなかったため、認知度を高めるため、当初は無料でサービスを提供せざるを得ず、8年間赤字だった。一般ユーザーの認知度が高まったのは、「みんなの法律相談」という無料Q&Aコーナーの設置と、「弁護士ドットコムニュース」というニュースの配信を行ってからだった。

■日本最大級の無料法律相談ポータルサイトへと成長

現在は、月間サイト訪問者数600万人、弁護士の登録7000名以上という日本最大級の無料法律相談ポータルサイトとなった。弁護士の登録を有料化することで、高い収益をあげられるようになり、2014年12月に東証マザーズ市場へ上場した。

弁護士ドットコムは、相談者と弁護士をインターネットでつなぐプラットフォームである。困った時、すぐに日本全国の弁護士とつながることができるように利便性を追求している。法律相談データベースは日々、自己増殖しており、サイトの魅力を高めている。また弁護士ドットコムニュースは、ヤフーニュースなどでもたびたび採り上げられ、より多くの訪問者を呼び込む。そのため、有料で登録する弁護士の数もさらに増えるという成長サイクルに入っている。

■専門家をもっと身近に

今後は、弁護士のマーケティング支援をさらに充実させると同時に、一般ユーザーに対しては弁護士費用保険の販売、企業ユーザーに対しては電子契約プラットフォームの配信を考えている。さらには「専門家をもっと身近に」というコンセプトのもと、税理士ドットコムを立ち上げるなど他専門家へサービスを水平展開する試みも行っている。



★ Business Breakthrough Chは、スカパーとインターネットにて番組を配信しています。ダイジェスト版を特典映像として公開しました。 → http://bb.bbt757.com/

あわせて読みたい

「弁護士ドットコム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    BTS謝罪 自民議員「今後に注視」

    和田政宗

  4. 4

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  5. 5

    ソフバン上場 東証悩ます危うさ

    山口利昭

  6. 6

    橋下氏 靖国より陸軍墓地を見よ

    橋下徹

  7. 7

    「イッテQ!」疑惑 全祭りを検証

    NEWSポストセブン

  8. 8

    徴用工 訴状に日本企業が困惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    イッテQで失った視聴率3冠の信用

    女性自身

  10. 10

    タトゥー彫り師無罪は画期的判決

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。