記事

イラン穏健化は見込み薄か? - 岡崎研究所

 ウォールストリート・ジャーナル紙は、5月30日付社説で、イランの専門家会議議長に強硬派のジャンナティが選出されたことを取り上げ、イランが穏健化する見込みが薄いことの証左である、と指摘しています。要旨、次の通り。

 イラン核合意の喧伝されている利益の一つは、より穏健な政治家に力を与えることになり、体制を徐々に穏健化するだろう、ということであるが、専門家会議の議長選挙から判断すると、穏健化はムラー(イスラム教徒)たちの頭の中にはない。

 イランの次期最高指導者を選出することになる、88名からなる専門家会議は5月24日、89歳のアフマド・ジャンナティ師を議長に選出した。ジャンナティは、イランの体制の基準から考えても強硬派である。彼は、テヘランの金曜礼拝のイマームとしてハメネイの代理をしており、彼の以下のような言葉は、2月の専門家会議の不正な選挙を穏健派の勝利と慌てて呼んだ人々にとり、聞くべきものである。

 米国について。「彼らは世界規模でのテロの親玉で、テロリストの指導者である」

 ユダヤ人について。「シオニストは人間の格好をしているが、彼らは人間ではなく、豚と略奪者の性格を持ち、人々があらゆる場所で彼らに反対せざるを得ないような状況を作り出してきた」

 イスラエルについて。「イスラエルとその仲間の崩壊は迫っており、間もなく我々はそれを目撃することになろう」

 1989年にジャンナティは、英国の作家サルマン・ラシュディの殺害を求めるホメイニ師のファトワへの支持を集めるべく、ムスリム世界を外遊した。2003年には、彼は米軍への「殉教作戦」をするようイラク人に呼びかけた。2009年には、彼は、当時のイスラエルのツィピ・リブニ外相に対し誰かが「銃弾を使う」ことを望むと述べた。2014年には、彼はサウジのアブドラ国王の逝去に際し、忠実な信者たちを祝福した。

 ジャンナティは専門家会議を2年間率いる予定であり、同会議の「革命的使命」を維持することを目指す、と言っている。彼の台頭は、ハメネイの後継が誰であれ、体制の核心的な反西側の哲学が変わりそうにないことを意味する。イランでは、強硬派がいまだ力を持っている。

出典:‘Meet the New Mullah’(Wall Street Journal, May 30, 2016)
http://www.wsj.com/articles/meet-the-new-mullah-1464632344

*   *   *

 ジャンナティがイランきっての保守強硬派であることは疑いありません。問題は、ジャンナティの専門家会議議長選出が何を意味するかです。社説は、選出がイランの保守強硬路線が変わらないことを意味すると言っていますが、果たしてそうでしょうか。

本当に保守強硬なのか?

 まず、専門家会議の議長は保守派が選出されるのが常であるとの指摘があります。米ジョージタウン大学イラン専門家のAriane Tabatabai教授によれば、専門家会議の議長は、「指名の内部手続き」のため、保守派が選出されるとのことです。内部手続きの詳細は分かりませんが、もしそうであれば、ジャンナティの選出にそれほどの意味があるわけではありません。

 先般の専門家会議の選挙では、定員88議席のうち、穏健派が52議席を占めて勝利し、特に首都テヘランでは、定員18議席のうち、穏健派が15議席を獲得し圧勝しました。このような事情を踏まえ、専門家会議の議長選挙では、穏健派が、選挙での敗北後の強硬派の立場に配慮するという戦術的配慮から、ジャンナティを支持したとの見方もあります。

 事実、穏健派のリーダー格で、テヘラン区でトップ当選し、議長候補ともみなされていたラフサンジャーニが、「選挙は落ち着いた雰囲気の中で行われ、迅速に、かついかなる論争もなく行われた」と述べたと報じられています。これは、ラフサンジャーニがジャンナティの立候補に対抗していなかったことを示唆しています。

 前述のAriane教授によれば、穏健派はイラン政治で総じてよくやっており、穏健派の関心は、専門家会議の議長選出よりは核合意の成果を如何に具体化するかにあるといいます。関心の的となるのはハメネイの後継者です。専門家会議の最重要任務は最高指導者を選ぶことであり、ハメネイが76歳と高齢で、2014年9月に前立腺がんの手術をしていることを考えれば、ジャンナティ議長の間にハメネイの後継者を選出する可能性も排除できません。

 専門家会議がどのような手続きで新しい最高指導者を選出するのか定かでなく、議長が保守強硬派で議員の大半が穏健派という状況の下で、どのような結果になるか分かりませんが、議長が保守強硬派だから、最高指導者に保守強硬派を選ぶと決まっているということでもなさそうです。なお、ジャンナティ自身については89歳であり、彼がハメネイの後継者になることは考えられません。 

 全体としてジャンナティの選出は、必ずしも社説の言うようにイランの保守強硬路線を再確認したものとは言えません。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  4. 4

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  5. 5

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  6. 6

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

  7. 7

    日米 北ミサイルめぐり見解相違

    ロイター

  8. 8

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  9. 9

    あおり男暴露した男性に心配の声

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。