記事

だったら憲法改正する?

安全保障を法律でどう定めるか。

……これ、今の日本だと、
「自衛のためにどんな武力を持つべきなのか」
ということになります。
どんな武力を持つのか、その武力をどう行使するのか……これを、日本が置かれている安全保障環境から考えていくワケです。

で、
「こういう武力を持った方がいい」
「こういう行使はしない方がいい」
などなどの議論が交わされていくのが理想(というか当然のこと)……のはず、なんですが。

残念ながら、その「前」の段階で止まっちゃってる方々がいらっしゃいます。
「そもそも武力なんかいらない」
「日本がどんな状況に置かれようと、武力は絶対に行使すべきでない」
「あらゆる武力を放棄すべきだ」
と。

「武力を行使するくらいなら、侵略されてもいい」
「目の前で娘が乱暴されても、息子が殺されても、武力は行使すべきではない」

世の中には、いろんな考えをお持ちの方がいらっしゃいます。
人それぞれに考え方は違いますし、どんな意見を持とうとそれは自由です。
個人の考えで、個人の生き方を選べばいいと思います。

でも、国家はそうはいきません。
国家には、国民を守る責任があります。
「国民が殺されても、国民の財産が侵略されてもいい」というワケにはいきません。

日本は、これを憲法13条で定めています。

憲法13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする

ので、もし日本を
「あらゆる武力を放棄しよう。侵略されても殺されてもいいから、自衛のための武力すら放棄しよう」
という国にしたいのであれば、まずこの憲法13条を改正しなければなりません。

3月に施行された平和安全法制(安保法制)では、集団的自衛権の行使が「限定的に」容認されましたが、これは憲法13条を遵守するためです。

リンク先を見る

(PDFファイルはこちら)
http://okadamari.web.fc2.com/zakkuri.pdf

余談ですが、憲法9条が放棄している武力も限定的です。
「国際紛争を解決する手段としての武力」のみを放棄しています。
自衛のための武力は放棄していません。

以上をちゃんと認識し、

「今、日本はどんな安全保障環境に置かれているのか」
「そのためにどんな武力を持ち、どう行使すべきなのか」
「これらを法律でどう定めるべきなのか」

という建設的な議論が交わされることを、心から強く強く望みます

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  2. 2

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  3. 3

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  4. 4

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  5. 5

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  6. 6

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  7. 7

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  9. 9

    韓国は自滅の道を歩む 北が予言

    高英起

  10. 10

    煽り殴打容疑者「車と女」に執着

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。