記事

ユーロ圏銀行の健全性は各行で異なる、個別精査必要=ECB副総裁

[マドリード 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は7日、ECBはユーロ圏の銀行を個別に精査する必要があり、銀行の健全性も各行ごとに異なるということを受け入れる必要がある、との考えを示した。

同副総裁は、金融機関への信用は金融機関ごとに異なるということを、監督当局は受け入れる必要がある、と語った。

イタリアは、欧州連合(EU)の規定に抵触することなく国内銀行へ公的資金を注入するため、欧州委員会と協議を行っている。また、ECBは、イタリアの大手銀モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)<BMPS.MI>に対し、今後3年で不良債権を30%削減するよう求めている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。