記事

反省できる国とできない国

The Chilcot reportにより、当時のブレア首相がイラク戦争に正当性なく参加していったことが明らかにされた。

戦争以外の平和的な手段を尽くそうとせず、最後の手段ではなかった侵略戦争にのめり込んでいった。
国連、EU、そしてアラブ諸国の平和的解決努力の進展にもかかわらず、ブレア首相は子ブッシュ大統領に「何があっても付いていきます」と約束し、実際、闇雲な軍事行動に追従していった。

この歴史的事実、それもまだ戦後処理が完了していないどころか見方によっては戦争が続いている段階での開戦時の事実経過を、明らかにして当時の為政者の責任をきっちり追及するイギリス。

それにひきかえ我が日本の情けなさよ。

イラク戦争には、憲法9条と、その解釈として集団的自衛権の行使はできないという立場のおかげで、アメリカからの戦争協力要求に精一杯応じても、あの程度で済んだ。
とはいえ、かなりの危険を犯したことは事実だし、すっかりアメリカの手先としてのイメージを中東に振りまき、テロの標的に回る羽目になったが。

そして当のアメリカが、あの戦争は間違いだった、偽情報に踊らされたといっているのに、日本政府は未だにその間違いを認めようとせず、全く反省しようともしない。

ブレア首相はこっそりと「どこまでも付いていきます」と言ったが、ブッシュのポチこと小泉首相も、そして現首相・安倍も、むしろそれを公言するし、そのためには「戦争協力にも限度があります」という憲法9条の解釈を変えてまで、戦争協力への体制を整えるというのが安倍流政治だ。

安倍首相の下では、イラク戦争開戦に至るペテンが再び行われたとしても、また同じことを繰り返すだろう。
全くなんの反省もないし、むしろ騙されても付いて行くほうが国益にかなうと信じているきらいもあるのだから。

しかし、日頃、日本は凄い、日本は偉い、と言っている皆さんは、こういう日本政府のあり方に疑問を持たないんだろうか

あわせて読みたい

「イラク戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  9. 9

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。