記事

韓国サムスン電子、第2四半期営業利益17.4%増へ スマホ好調

[ソウル 7日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は7日、第2・四半期の業績見通しを発表した。営業利益は前年同期比17.4%増の8兆1000億ウォン(約70億1000万米ドル)で、トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想の平均(7兆8000億ウォン)を上回る見込みとなった。

サムスン電子は、売上高は3%増の50兆ウォンの見通しとした。

第2・四半期決算の正式な発表は7月下旬ごろに予定している。

<ギャラクシーS7の販売好調>

営業利益は、8兆5000億ウォンだった2014年第1・四半期以来、2年超ぶりの高水準。スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS7」の販売が好調で、モバイル部門の利益を押し上げたとみられる。

ユージン・インベストメント&セキュリティーズは業績見通し発表前のリポートで「ギャラクシーS7の販売好調と中・低価格帯のスマホ販売が伸びたことで、モバイル部門の市場支配力と収益性が強まった。サムスン電子のスマホ競争力の回復を裏付けた」と指摘している。

一部のアナリストは、第2・四半期のギャラクシーS7出荷台数を約1600万台と予想。画面にカーブを施した高価格の機種がフラットスクリーンの機種よりも好調で、利益率が上昇したとみられる。

0257GMT(日本時間午前11時57分)現在、サムスン電子の株価は1.3%高。総合株価指数<.KS11>は1%近く上昇している。

今後は、米アップル<AAPL.O>や中国のライバル各社との競争が激化するなかで、サムスン電子が現在の勢いを維持できるのかが鍵となる。

IBKアセット・マネジメントのファンドマネジャー、キム・ヒョンス氏は「現時点では(下期に)有力な競合品が現れる可能性は低い」と指摘。9月ごろの発表が見込まれるアップルの新型「iPhone(アイフォーン)」には目を引くような新機能はないだろうと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。