記事

【大阪選挙区】 中道なき日本政治の近未来 共産党非合法化も

画像を見る

炎天下にもかかわらず人々は身じろぎ一つせず、野党政治家や野党候補の演説に耳を傾けた。=3日、難波高島屋前 撮影:筆者=

 西日本の中心都市大阪で、中道政党が絶滅しようとしている。民進党の尾立源幸候補が落選濃厚となっており、予想通りの選挙結果となれば、民進党は大阪府での参議院の議席を失う。

 大阪市議会ではすでに民進党の議席はゼロとなっており、大阪府議会(定数88)でわずか1議席を有するのみだ。

 地元がこんな惨状で国政選挙ができるわけがない。選挙運動の核となる地方議員がいないのだから。

 衆議院は大阪府19(選挙区)議席のうち、1議席を辻元清美(大阪10区)が死守する。辻元は前回の衆院選で、次点の自民候補に8千票差をつけての辛勝だった。

 党勢の低迷が続くことから、人気の辻元といえども、次回の衆院選での当選が危ぶまれている。

 衆院の比例復活を除けば、大阪の民進党の国会議員はゼロになるのだ。

画像を見る

松井おおさか維新代表と高木かおり候補。大阪府民の根強い人気があった。=3日、天王寺駅前 撮影:筆者=

 民進党とは打って変わって強い勢力を維持しているのが、おおさか維新だ。大阪府議会、市議会ともに断トツの第一党だ。

 今回の選挙では2人の候補を擁立した。天王寺駅前できょう、行われた松井一郎代表と高木かおり候補の街宣を取材した。

 わざわざ来たという大阪市内の男性は「憲法改正は必要だと思う。いずれやらないといけないから3分の2を獲ってもらい内容の議論にあたればよい」と話し、改憲勢力としての維新に期待を寄せた。

 松井代表は行財政改革の成果と必要性をしきりと説いたが、憲法改正については一言も触れなかった。

 松井が強調したのは共産党への批判だった。「共産党は低所得者の味方ですよと言うが『自分たちの給料(議員報酬)上げろ』と一番うるさい。騙されちゃダメですよ・・・」。

画像を見る

左から共産党候補、玉城デニー・生活の党幹事長・・・野党共闘が実ったことを表す光景だった。=3日、難波高島屋前 撮影:筆者=

 なんば駅前で行われた共産党の演説会は聴衆が鈴なりとなり、百貨店の通路まで人で溢れた。

 共産党の演説会は全国各地どこに行っても盛況だ。民進党の体たらくで野党と言えるのは共産党だけだからだ。

 『田中龍作ジャーナル』がインタビューした人々は異口同音に憲法改正と共産党非合法化を警戒した。

 共産党支持歴の長い男性(70代)は、党の躍進を喜ぶ一方で改憲に話が及ぶと表情は一転厳しくなった。

 男性は「(思想信条の自由を)全面統制する恐れがある」と話し口を結んだ。

 志位和夫委員長が「自民党に負けられません」「公明党にも負けられません」と呼びかけると拍手が起きた。

 「補完勢力の維新にも負けられません」と続けると、拍手は各段に大きくなった。

 改憲勢力の自民、公明、お維は共産党を目の敵にする。公明の仏敵でもある。共産党にとって改憲勢力である自・公・お維が脅威に映るのは無理もない。

 話を民進に戻そう。大阪ばかりではない。民進党(旧民主党)の凋落は歯止めがきかない。

 中道が勢力を失い右翼もどきの政党が議会を制圧すれば、共産党非合法化が現実のものとなる。一気に戦前戦中の思想統制の時代に戻る。(敬称略)

   ~終わり~

読者の皆様。全国各地に足を運ぶための交通費が足りません。田中龍作に選挙取材を続けさせて下さい…http://tanakaryusaku.jp/donation

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  3. 3

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  4. 4

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  5. 5

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  6. 6

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  7. 7

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  8. 8

    感染の運転手 武漢ツアー客搭乗

    ロイター

  9. 9

    「共産市長NO」はヘイトではない

    早川忠孝

  10. 10

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。