記事

EU離脱は自然な愛国心の結果である

日本中の、いや世界中のマスコミや識者が英国の国民投票によるEU離脱の結果を嘲笑している。
なんと英国内の離脱派の政治家まで、この結果の反響に驚き、自信を失っているのではないかという疑いすらある。

だがわしは奇しくもこの国民投票の結果を支持する、世界でもごく少数派の人間である。

本来わしは『民主主義という病い』を描いて、民主主義への懐疑を表明した者である。
ならば国民投票という直接民主主義など、唾棄すべきだという立場になるのが自然だろう。

ところがわしはこの度の英国の国民投票の結果を、意外にも妥当であり、天の采配だと受け止めている。
このわしの態度には矛盾があるように感じないか?

だがしょせんEU離脱の結果を、「感情的」に批判しているのは、残留派を支持する連中の方なのである。
EUとは何なのか?
EUの実態とはどういうものなのか?
それを知らないで、えらそうに「老人が若者の未来を奪った」と「感情的」に非難しているマスコミには反吐が出る。

EUという高邁な理想に逆らう英国という決めつけは果たして正しいか?
長い文章になるので、来週火曜配信のライジングで説明しよう。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。