記事

独身女性の貯金額、「100~300万円」が最多 不動産投資に関心のある女性は毎月約6万円を貯金

サイトウ イサム[著] / 加藤 秀行[著]

 ディップ株式会社は4月4日から21日にかけて、「お仕事をしている独身女性の貯金」をテーマに調査を実施し、その結果を5月10日に発表した。調査対象は仕事をしている未婚の女性163名。

 まず、現在、貯金をしているか聞いたところ、71%が「貯金をしている」と回答し、「貯金をしたいけどできない」は20%、「貯金をしていない」は9%だった。現在の貯金額を聞くと、全体の78%が「300万円以下」と回答した。最も多かったのは「100万円以上~300万円以下」の29%で、以下、「10万円以上~50万円以下」(20%)、「50万円以上~100万円以下」(17%)、「10万円以下」(12%)の順で続いた。「1,000万円以上」は9%だった。

 そこで、貯金をする目的を聞いたところ、「将来のため」が44%で最も多く、「生活費をやりくりするため」(20%)、「いざという時の備え」(14%)の順で続いた。調査では「将来年金がもらえるかわからないから、そのための備えに貯めておきたい」などのコメントもあり、独身OLが将来に備えて堅実に貯金をしている様子がわかった。

 投資に積極的な女性も多い。株式会社インヴァランスは、不動産投資に関心のある20歳から39歳の社会人の女性600名を対象に「女性のお金と投資に関する意識調査」を実施し、その結果を6月20日に発表した。調査期間は5月26日から27日。

 発表によると、不動産投資に関心のある社会人女性の1カ月の貯金額の平均は6万5,044円だった。現在の貯金額の平均は20代で324万6,277円、30代で773万1,936円、全体の平均は約548万円など、投資に関心を持つ女子は貯金額も多かった。

 そこで、マイナス金利の導入を機に、貯蓄と投資に関する考えがどのように変化したか聞いたところ、71.5%が「貯蓄より投資への興味が増加した」と答えた。自分もチャレンジしてみたい憧れの投資先を複数回答で聞くと「不動産投資」が56.3%で最も多く、以下、「株式投資」(57.1%)、「投資信託」(28.3%)、「金投資」(18.2%)が続いた。

 このように、不動産投資に高い興味を示す一方、不動産投資をしている人は10.3%だった。不動産投資をしていない理由は、「投資に必要な資金がないから」(36.4%)、「投資に必要な知識がないから」(35.9%)、「投資リスクが気になるから」(17.1%)などの回答が多かった。

 将来に不安を持つ女性は堅実に貯蓄をしている様子がうかがえる。さらに、マイナス金利の影響によって、投資にも興味を持つ女性が増えているようだ。

あわせて読みたい

「貯金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。